2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

10.12集会報告ビラ!

kage

2015/11/26 (Thu)

随分遅くなってしまいましたが、10.12北摂労働者集会の報告ビラが完成していましたので、報告します。

0001.jpg

◆地域の闘う労働組合が集結
◇10.12北摂労働者集会が大成功!

 10月12日、高槻市現代劇場にて、北摂労働者集会が36名の結集で打ち抜かれました。
 北摂労働者集会は、国鉄闘争全国運動を担ってきた労働組合を中心に、大阪北部ユニオン、高槻医療福祉労働組合、植木団地労働組合など、地域の闘う労働組合が実行委員会を立ち上げて準備し、北摂に闘う旗を打ち立てることを目的に開催されました。
青年こそが労働組合の指導部に!
 集会では、動労水戸の書記である西納岳史さんをお呼びして、講演をしてもらいました。講演会では、動労水戸の被曝労働阻止の闘いと、いわき合同労組での実践に踏まえながら、「労働組合が責任をもって登場した時、多くの労働者が立ち上がる時代だ」と話しました。特に、「青年の獲得に真剣になった時に、労働運動は変わる。原則的な闘いで青年指導部を作りだそう!」と、訴えました。
 集会基調は、高槻医療福祉労働組合から村山裕子委員長が行いました。村山委員長は「戦争を止めるのは、労働者の団結です。国鉄全国運動で守り抜いてきた労働者の団結を、今こそ発展させましょう! 北摂の地に闘いの旗を打ち立てよう!」と訴えました。
地元の労働組合が続々と!
 集会には、関西地区生コン支部の地元ブロックや、動労西日本、大阪北部ユニオン、植木団地労働組合、婦民・大阪北摂支部、星野文昭さんを取り戻そう・大阪、などからも発言があり、この間の職場実践が報告されました。
 関西地区生コン支部からは、戦争法案に対して、ストライキで闘った報告と地域共闘の重要性について報告。実行委員会の中軸を担ってきた大阪北部ユニオンからは、萬野委員長が発言し、安保法案に対する国会前情勢と連帯するために、高槻駅前でも金曜行動を主催したことに踏まえ、「戦争を絶対に止める労働組合として、地域・職場に打って出よう!」と力強くアピールしました。
 最後に、大阪北部ユニオンの柳副委員長が、「今日を出発点に 、北摂に闘う労働運動を作り出そう!」とまとめの提起を行い、団結ガンバローで集会を終えました。
 安倍政権は、戦争政策を次々と進めていますが、労働者が団結して立ち上がれば、戦争は絶対に止められます。この社会を動かしているのは労働者です。いまこそ、北摂の地に闘う労働者の団結、労働組合を甦らせましょう!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック