FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

朝鮮侵略戦争阻止!安倍を倒そう!(10月18日付ビラ)

kage

2015/10/20 (Tue)

●切迫する朝鮮侵略戦争!
 アメリカ・日本・韓国パククネ政権による朝鮮侵略戦争が始まろうとしています。従来の作戦計画を見直し、小規模戦闘、局地戦を全面戦争にする「5015」作戦計画を打ち出し、2016年から適用しようとしています。1950年の朝鮮戦争でも、日本は全産業を動員しました。戦争動員と労働強化に対する労働者の怒りは、戦争に反対する労働組合に変えていきました。
朝鮮侵略戦争が切迫する下で、安倍政権の辺野古新基地建設強行にたいし、沖縄県民が立ち上がっています。韓国の労働組合・民主労総は「朝鮮戦争の再来を許すな!」とゼネストで闘っています。
民主労総の決意と怒りを共有し、ストライキ、ゼネストで朝鮮侵略戦争を阻止しましょう!

●戦争準備を進める安倍
 安倍政権は9月19日戦争法の成立を強行しました。戦争法に反対する100万を超える労働者人民が全国各地で集会・デモに立ち上がりました。戦争に反対し、社会を変える闘いが始まりました。
 戦争法が成立して以来、安倍政権は戦争するための施策を打ち出してきています。①自衛隊防衛省のもとに防衛装備庁を設置し、戦争に向けて部隊と武器を配備しています。②アフリカ・南スーダンへ自衛隊を派遣し、駆けつけ警護で武器を使用させ、実際に自衛隊に血を流させようとしています。③朝鮮戦争が起った場合、自衛隊が韓国の領空、領海に入ることについて日本は韓国と「事前協議」は必要ないと表明しています。このことこそ朝鮮侵略戦争ではありませんか。④安倍は戦争法と一体で労働者派遣法の改悪を強行しました。このことは労働者をどん底に突き落とし、戦争動員を狙った経済的徴兵につながるものです。⑤安倍改造内閣の「1億総活躍省」は戦中の「国民総動員体制」づくりです。
関西地区生コン支部・港合同・動労千葉・国鉄全国運動が呼びかける11・1全国労働者集会に集まろう。

★高校に自衛隊コース(コラム)
 戦争法と一体の学校づくりが始まっています。高知市の私立高知中央高校では、来年度から普通化に「自衛隊コース」を新設することを明らかにしました。自衛隊コースは1週間のうち6時間を自衛隊関連の授業にあて、現役自衛官とOBが講師を務めるとしています。うち2時間は自衛隊に特化した「座学」に、4時間は銃の形をした木製武具を使う「銃剣道」に充てるとしています。このことは戦前の「軍事教練」であり「配属将校」の復活です。闘う組合の団結で戦争動員を阻止しよう!(裏へ)

●10・12北摂労働者集会
10月12日、高槻現代劇場で行われた北摂労働者集会は36名の結集で勝ち取られました。
集会には医療、交通運輸、教育、植木園芸、生コン、郵政などの労働者が参加しました。
 最初に被爆労働拒否をストライキで闘う動労水戸(JRの組合)の西納さんから講演を受けました。①福島原発の放射能汚染が高線量であるにもかかわらず、列車を原発の直近まで走らせるJRに対し、ストライキで闘っている。②原発労働者の中に闘う労働組合をつくり、共に闘う挑戦を開始していることが報告されました。
集会の基調報告を高槻医療・福祉労働組合の村山裕子委員長が行ないました。①安倍政権による戦争法の成立強行に対し労働者人民の怒りが叩きつけられた。この怒りは労働者が生きていけない現実と一体だ。この時代だからこそ、労働組合の闘いが問われている。②原則的に闘うことが労働者の団結をつくりだす。国鉄闘争はそのことを示している。動労千葉、動労水戸、関西生コンのストライキにつづこう。③既成の勢力はこの巨大な怒りを「次の参議院選挙」「違憲訴訟」に流しこもうとしている。職場で闘うことぬきに戦争は止められないと提起しました。
大阪北部ユニオンからは安倍の戦争法成立強行に対し、JR高槻駅前で集中行動を行った。地域と職場で団結を拡大しようと報告しました。高槻市による植木団地追い出しと闘っている植木団地労働組合からは裁判闘争と植木団地の自主管理闘争を共に闘おうと提起しました。
  動労西日本からは国鉄分割・民営化は国家による組合破壊であった。動労総連合を全国につくろうと訴えました。つづいて、各職場、賛同団体から発言がありました。まとめで、今日を出発点とし、北摂地域で団結を広げて行こうと提起しました。

●11・1全国労働者集会に集まろう!

 ゼネストで闘う韓国、民主労総60名の代表団が来ます。アメリカから国際港湾労組(ILWU)、ドイツからドイツ機関士労組(GDL)ベルリン都市鉄道支部、トルコから国際労働者連帯協会、スイスから、世界から闘う労働者が参加します。国際連帯で戦争を止めよう!
 




コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック