2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

労働者がたちあがれば戦争はできない!

kage

2015/05/21 (Thu)

★たった5人の閣僚の判断で戦争できる?!
 安倍政権は7・1集団的自衛権の行使容認にふまえ、武力行使事態法など安保関連法案を今夏までに国会を延長してでも通過させようとしています。5月14日、自衛隊法など10本をまとめた「平和安全法制整備法案」と多国籍軍の後方支援を可能にする「国際平和支援法」の2本の安保関連法案を閣議決定しました。戦争を始めるのに何が「平和」でしょうか。恥知らずでウソツキの安倍に舐められてたまるかということです。 
 閣議決定した戦争法案は集団的自衛権を含む自衛隊の武力行使を認め、自衛隊が米軍とともに最前線で血を流して戦う「血の同盟」へ転換したことです。「周辺事態」(東アジア)の文言を撤廃し、日米同盟を全世界に広げようとしています。たった5人の閣僚が電話で「存立危機事態」=(日本の存立が脅かされる明白な危険がある)と判断した時点で、ただちに「自衛の措置」としての武力行使を国会審議どころか閣議決定さえ経ず、問答無用で戦争ができるのです。このすざましい戦争法案を労働者人民の怒りの決起で打ち砕きましょう!

★誰のための戦争か
 安倍政権は「国民の命と財産」を守ると言っていますが、かっての戦争で「国民の命と財産」が一度として守られたことがあるでしょうか。アジア太平洋戦争では日本軍230万人、民間人80万人が死亡しました。1%の資本家のために99%の労働者人民が戦争に動員されました。戦争は労働者人民のためではなくほんのひと握りの資本家のためです。
 安倍は株価を吊り上げるために膨大な年金、郵便貯金を注ぎこんでいます。労働者人民のなけなしの金をギャンブルに注ぎこんでいるのです。国債、株価が暴落したら年金、郵便貯金は破算します。安倍は労働者人民の先々の生活など1ミリも考えていません。株価を上げほんのひと握りの資本家、金持ちが潤えば、安倍にとって労働者の生活などどうでもいいのです。路頭で、戦争で死のうが知ったことではないのです。
 今回の戦争法案も安倍政権と1%の資本家が延命し、儲けるためです。1%の資本家と政治家は戦場に行くことはありません。
 労働者人民の自由を奪い、命まで取る戦争はまっぴらです。戦争しなければやってゆけないような政府は打ち倒すしかありません。

★戦争反対のゼネストをつくりだそう!
 4月24日、韓国の労働組合の民主労総は27万人が参加したゼネスト(全産業の労働者がストライキに入ること)を貫徹しました。マスコミによる韓国ゼネスト報道抹殺は韓国ゼネストが日本に飛び火することを恐れているからです。
 沖縄はゼネスト情勢です。辺野古新基地建設に対して沖縄県民の強い反対にもかかわらず、安倍政権は工事を強行しています。沖縄県民は基地を作ってくれとは一度も言ったことはありません。沖縄では5月17日、辺野古新基地建設反対の十万人集会が開催されます。辺野古新基地建設は東アジア(朝鮮半島・中国)の戦争に火をつけるものです。辺野古新基地建設阻止!5ー6月安保法案阻止!6月韓国ゼネスト連帯!戦争反対のゼネストをつくり出しましょう!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック