FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

10・17関西国鉄集会へ!

kage

2014/10/09 (Thu)

■戦争と改憲、民営化と解雇自由に突き進む安倍政権との闘いを
★9・11郡山闘争で情勢は一変した!外注化・民営化を阻止する労働者の総決起を職場からつくり出そう!

 9・11郡山工場包囲の闘いで階級情勢は一変しました。外注化を止め、被曝労働を阻止する労働者の根底的決起が始まったのです。それは新自由主義によって労働者から奪ってきたものすべてを奪い返す闘いの始まりです。

 JR郡山総合車両センター(郡山工場)をはじめとするJRの10・1外注化との闘いは、階級闘争の最大の焦点となりました。動労千葉は外注化絶対反対を貫くストライキを、外注先の労働者と一体となって打ち抜こうとしています。9・11闘争を闘った郡山工場では、闘いに追い詰められたJR資本と国労本部の制動を突き破り、JR体制を打倒する本物の団結が生まれ10・1外注化を迎え撃とうとしています。

 何よりも、闘うJR青年労働者の決起が労働者階級の怒りの最先頭で始まっています。動労千葉・動労水戸・動労総連合の青年労働者が「自分たちが外注化攻撃を止めてやる!」と決起を始めています。それは生きることも、働くことも奪われてきたすべての青年労働者の怒りそのものです。

 闘う労働組合を今こそ甦らそう! 9・11郡山闘争で、新自由主義を打ち倒し時代を切り開く労働組合が登場しました。労働組合が闘えば勝てる!
 労働組合が絶対反対で立てば外注化も戦争も止められる! 社会を変えられる! 外注化・民営化阻止をかけて、10・17関西国鉄集会に職場から集まろう! 11・2全国労働者集会(東京・日比谷野音 正午)に総決起しよう!

●国鉄1047名解雇撤回! 戦争と民営化を許すな!

■10・17関西国鉄集会
とき 10月17日(金)午後6時30分開場
ところ 大阪市港区民センター(JR・地下鉄「弁天町」駅徒歩10分)

アピール 田中康宏・動労千葉委員長

主催 国鉄闘争全国運動関西準備会
  (連絡先)全国金属機械労働組合港合同
   大阪市港区南市岡3-6-26
   TEL 06-6583-4858

★若い人が止めなきゃ止まんない!(動労千葉青年部・木科雄作さん)
 同じ一つの会社で、同じ給料体系で、お互いが理解できる立場で、それでやっと連携がとれて安全は守られる。じゃあ誰が外注化を止めるのか。若い人たちが止めなきゃ止まんないんですよ! これから入ってくる後輩のためにも、絶対に一人一人が反対のこえを上げ行動していくことが大事なんです。

★JR事故を二度と起こしてはダメだ!(動労水戸・照沼靖功さん)
 ここで外注化を止めなければどんどん安全は破壊されてしまう。それがJR北海道の脱線事故であり、川崎事故・尼崎事故です。ああいう事故を二度と起こしてはダメなんです。安全を守るためには闘わないといけない。一人が職場で声を上げればそれは大きな声になり、外注化は止められる!

□田中康宏・動労千葉委員長来る!
 私たちは7月1日、本当に大きな歴史の分岐点に立ちました。日本の労働組合はかつて産業報告会になり戦争に協力しました。命をかけてこの道は歩みません。
 私たちの「闘いなくして安全なし」のスローガンが日本と韓国とイギリスの鉄道労働者をつなげています。ならば戦争を阻むために僕らが韓国の民主労総の仲間を始め全世界の労働者と固く連帯していく。
 27年前の国鉄分割・民営化が大きな転換点でした。総評や社会党の解体、労働運動の後退。僕たちの手でもう一回闘う団結を取り戻すために闘い続けています。
 7月1日の暴挙は、労働者の怒りの声をすべで解き放ってしまう新しい一歩でもあります。労働者の権利を守る闘いと、戦争に反対する闘いはひとつです。闘う労働組合がよみがえった時に労働組合の範囲を越えてすべてを獲得し、この社会を変える力をもちます。
 私たちも今、新しい挑戦を始めています。膨大にあふれる下請け労働者、非正規労働者、我々の側から殻を打ち破って、彼らを本当に組織し、外注化を粉砕する闘いです。そして7月、非正規職の下請けの仲間たちが動労千葉に入りました。戦争を押しとどめていく大きな力につながる重要な一歩です。  

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック