FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

集団的自衛権行使容認は暴挙だ!(9月14付けビラ)

kage

2014/09/17 (Wed)

★集団的自衛権行使は戦争国家化宣言だ!

 7月1日、安倍政権は自衛隊の新たな武力行使=戦争発動を可能とする集団的自衛権の行使容認の閣議決定を強行した。それは「国の存立を全うする為の自衛の措置」と称して「地球の裏側」まで自衛隊を派兵し、労働者同士を殺し合わせるものだ。
 まさに「戦争放棄の国」から「戦争する国」への転換であり、全世界の労働者階級への階級戦争宣言である。この歴史的暴挙を許さず安倍政権打倒の決戦に立ち上がろう。

●「7.1」で時代は一変した、階級的労働運動の力で安倍政権を倒そう
 安倍政権は国内階級支配の危機と革命の現実性におびえ、何の成算もなく絶望的に労働者階級への究極の分断・団結破壊としての階級戦争を仕掛けてきた。
 7.1閣議決定が示していることは、安倍政権が追い詰められており、日本国家が「国家存立の危機」にあるという絶望的事実です。大恐慌の激化・深化と資本主義の絶望的延命政策の破綻・崩壊の中で、安倍政権は「戦争をする」という決断に自らの最後的な延命を賭けたのだ。
 しかし、7.1は労働者人民の逆鱗に触れた。「もう我慢ならん。戦争だけは許さん」という労働者人民の根底的怒りは解き放たれた。破産必死のアベノミクスへの労働者階級人民の怒りを職場生産点から爆発させてゆこう。その闘いは世界と日本で始まっている。
集団的自衛権行使容認と同時に沖縄新基地建設工事に着手した安倍政権に対する激しい怒りが爆発している。8月23日、辺野古新基地建設に反対する県民集会が開かれ、辺野古着工阻止へ3600人が根底からの怒りを叩きつけた。

●全世界での虐殺・破壊・戦争と東アジアでの軍事的緊張
 7.1閣議決定とそれ以降の安倍政権の動きは、ウクライナ情勢などとも連動し東アジアでの軍事的緊張を一気に高めている。
 防衛費は安倍政権下で増額に転じ、2015年度予算の概算要求は過去最高の5兆545億円となり、自前の軍事産業の育成、武器輸出の強化と一体で軍備の大膨張=大軍拡を進めている。昨年末に決定した新たな防衛計画の大綱では、「離島防衛強化」を打ち出し、7.1閣議決定にも「武力攻撃に至らない進入などへの対応」が盛り込まれた。
安倍政権の動きは激しい戦争挑発であり、米中・日中間で軍用機同士が衝突寸前の「異常接近」を繰り返す事態が、今や常態化している。安倍政権は、いずれ発生する「偶発的事態」を改憲と戦争への最大の“転換点”にすることを狙っているのだ。

●戦争と民営化と闘う労働組合の復権を
 戦争国家への転換は、経済・社会のあり方を激変させる。全産別・職場で情勢は動き出している。安倍政権の「成長戦略」、全面民営化・外注化、総非正規職化、解雇自由、残業代ゼロ法などの労働者への階級戦争が、職場を一変させる。
 安倍政権と闘って勝利する道は、「職場で殺されてたまるか! 戦争で殺されてたまるか!」の怒りと結びつき、団結を拡大して行くことだ。皆さん!闘う労働運動を甦らせ、国境を越えた国際連帯を作り出し、団結して闘って行きましよう。(裏へ続く)

★9・21西郡住宅闘争全国集会に集まろう!
●生きさせろ! 戦争と民営化、首切り・生活破壊の安部を打倒し、すべてを奪い返そう!

 8月26日、八尾市西郡の住宅の家賃値上げに反対して、あくまでも闘う8家族に対して、八尾市は住宅追い出しの強制執行の暴挙に踏み切りました。7月31日には警察権力200名が8家族を襲撃、抜き打ちの住宅追い出し通告を行いました。八尾市は大阪高裁で裁判中にもかかわらず、8家族に対し、真夏の炎天下お盆をはさんで19日間で出て行けという攻撃に出たのです。88歳の島瀬とよ子さんをはじめ8家族はあくまで村に住み続け、誰一人屈することなく団結を固めて、闘いを継続しています。
 8月20日には、八尾医療センターに50名が集まり、八尾市による「住宅追い出し、強制執行を許すな!」の抗議集会が勝ち取られました。集会後、西郡の住宅を2度に渡り練り歩き、住宅追い出しの不当性を訴えました。
 この住宅追い出しの攻撃は7・1集団的自衛権の行使容認と一体です。住宅闘争を闘う8家族の佃照夫さんは「7・1と武器輸出と西郡の住宅追い出しはひとつの攻撃。八尾市や国家権力を打倒するまで闘う」と決意を表明しています。
 全関西の部落にまいた西郡の住宅闘争のビラを見て、共に闘いたいと新しい仲間も決起しています。
八尾市をはじめ各自治体において、「命より金」の民営化・外注化が推し進められ、労働者は生きてゆくことが困難になっています。
 民営化・外注化反対!安倍政権打倒!労働組合の旗をかかげ、9月21日、八尾・西郡住宅闘争に集まりましょう! 
●日時 9月21日 午後1時~
●会場 八尾市西郡・幸第二公園(予定)
●主催 全国水平同盟 八尾北医療センター労働組合 関西合同労組大阪東部支部
●連絡先 大阪府八尾市高砂町3ー85ー6
●電話・FAX 072ー991ー7729
●行き方□近鉄バス八尾駅6番乗り場、JR住     道行又は萱島行乗車、15分。バス      停西郡下車東へ徒歩3分
□バスダイヤ 11:45萱島 12:13住      道 12:41萱島

★JRの安全崩壊を許さない!
JR郡山総合車両センターの外注化阻止全国集会に650名が結集!

 9月11日、平日にもかかわらず、福島県の郡山車両センターにほど近い、本町緑地に全国から650名が結集し、JR東日本による、郡山車両センターの外注化・非正規職化に反対して、車両センター包囲デモを闘いました。国鉄水戸動力車労働組合は当日、19名が鉄道の安全を掲げストライキに入り、現地に駆けつけました。
JRは業務を下請け会社に発注することで、コストを切り下げ、安全の責任をすべて下請け会社に転嫁しようとしています。
 大阪北部ユニオンも郡山車両センターの闘う国鉄労働者と共に、外注化反対!一に安全!二に安全!の声を上げました。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック