FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

やったぞ!労働委員会で審問を貫徹!次は団交で賃上げへ(デリカフーズ分会通信47号)

kage

2019/08/19 (Mon)

●7月31日、大阪府立労働センターで会社側を圧倒!
 宣誓どおり、萬野分会長は率直に事実を語った。逆に会社側弁護士は、反対尋問で「あなたの意に反した労組の方針」と決めつけたが、根拠も主旨も説明できず、「もういいです」とあきらめた。そもそも陳述書批判が一つもできなかった。 萬野さんの後は、労組書記長と、以前デリカフーズで働いた今井さんが証言した。しかし、会社側は反対尋問をあきらめた。団交拒否をめぐる労働委員会で、団交について一言も語れず、反論できなかった。この事実は重いぞ。
 審問は前もって提出した陳述書をめぐって一問一答をする。メモは持てず記憶だけが頼りだ。しかも、労使双方が尋問するという、プレッシャーのかかる場面だ。ここで会社側は証人を立てられず、労組側は完璧にやれた。その差は何か。やってきたことに対する自信の問題だろう。労組は事前に会社の反論を打ち破る中身と団結を作った。この気迫がプロの弁護士を上回ったと言える。次回は10月2日が結審です。もはや、大勢は決した。会社はさっさと謝罪して団交をやれ! 団交やって賃上げを実現しよう。

■マイナンバーは出さなくても問題ないよ
★マイナンバー制度とは国家権力が全住民・法人を監視・管理する「国民総背番号制」だ。
 その目的は、治安弾圧・戦争動員・課税の徹底・福祉の取り上げなど多岐にわたる。政府は「テロ対策」の名の下に顔認証との一体化や、マイナンバーカードの常時携帯もめざしている。最悪のモデルが中国だ。
★制度に個人への義務付け・強制・罰則規定はない。番号なんか使わなくていい。確定申告書も番号欄の所に「私は書きません」でいい。会社も提出拒否に対して不当な扱いは許されない。情報が漏れても防ぎようがなく、マイナンバー制度は気色悪いだけです。
 法律で労働者の心はしばれない。今年4月現在、マイナンバーカードの交付率は13%だ。協力する方が少ないではないか。憲法からしても「嫌なものは嫌」でいいんです。

■8・6広島大行動が爆発!
★原爆記念日の広島は、機動隊や在特会をはねのけ、戦争阻止・改憲反対の声があふれた。参院選で失速した政府は広島市当局に圧力をかけた。拡声器条例でデモを規制しようとして断念した。とくに核使用に賛成する姿勢に対する怒りが強く、「安倍はやめろ」の声が全市に鳴り響いた。
★しかも、韓国に対する排外主義を許さず日韓労働者連帯を決議した意義は大きい。そもそも徴用工判決は「突然韓国が…」ではなく、長年の日韓の労働者の闘いがもたらしたものだ。強制連行の事実は否定できない。

★沖縄や福島の怒りと一体で改憲阻止の新たな闘いが始まった。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック