FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

有休問題の掲示を早く出せ!(デリカフーズ分会28号) 会社は何を迷っているの

kage

2018/12/29 (Sat)

●年末大詰めなのに回答を伸ばすのか
★すでに 12/19会社通知書で「年末年始の有休は取らないようにとは言ってない」「有休申請は直前・事後も承認している。理由は問わない。」と書かれていた。それならばと、労組は12/21に「年末年始の有休の承認」「有休申請は直前・事後も承認します」という掲示を要求した。この至極当たり前の話をなぜ公表しないのか? 会社は、法律で決められたことまで踏みにじってはいけません。
★労組は12/10に団交申入書にて「年末年始の有休」について取り上げています。年末年始を前にして、みんなが予定を組みやすいように考えてのことでした。ところが、会社はこの重要な掲示をせず、団交の回答を後伸ばし後伸ばしにして、ついに年末も押し詰まりました。会社は何を思ったか、「12/28まで待って」と言う。なんなんだ。結論は出ているいるじゃないか。何を迷うことがあるのか。事実を伝えないでは、労働者は正月に有休を取る事はできません。即刻掲示を出せ!

●繁忙手当は労働者の当然の権利
 本来、正月は家族と一緒に過ごすものです。この当り前のことを犠牲にしてでも働いている労働者の思いを尊重すべきです。そんな配慮もしないで、「忙しいから出勤を」「ヒマやから休め」-そんな会社の都合だけで労働者を引きずり回すのはやめないといけない。

(会社の12月19日付けの通知書より )
☆「去年暮れの朝礼で年末年始に有休取らないように」という事実はない。
☆ 有休届は直前も事後も適宜承認している。取得理由は問わない。
☆ 繁忙手当要求に対しては → 組合員名簿の提出を
☆「エリア内の配転は拒否できない」旨の無期雇用規則の問題 → 沈黙
☆ 事故・安全については事故の特定を

 

   

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック