FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

有給休暇は労働者の権利だ! 妨害するな!

kage

2018/12/17 (Mon)

♦労働基準法39条:有休は6ケ月勤続で出勤率8割以上の労働者は業種、業態や正社員パートに関わらず与えなければならない。
♦労基法附則136:利用目的で制限できない。労働者からの請求は拒めない。日数を減らしたり、与えない事は法律違反。有休を              取った事に対する減給や不利益な取り扱いもダメ。
♦最高裁の判例では:有休の使い方は労働者の自由である (1973年3月)

■会社に忖度(そんたく)していたら、職場は悪くなる。団結しよう!

●もう会社にはダマされないぞ!
 これまで会社は有休について「冠婚葬祭以外ダメ」「正当な理由がなければ」と労働者に触れまわってきた。このビラでも批判し、その結果、就業規則にはそんな事は書いてない。しかし、懲戒理由は「微に入り細に入り」なのに、労働者の権利には冷たい。だからかな? 休暇届には「2週間前に必ず申請すること」と明記されている。そんなの規則にもないぞ。大体、2週間後の用事が分かる人などいない。ムチャ言うなよ。これじゃ事実上、有休をとれない。

●「繁忙期の手当」を出させよう!
 「繁忙期だから有休は取れない」ってどうなの? たしかに現場は人員がギリギリで、一人でも休むと大変だ。同僚に遠慮して、我慢しようかともなる。しかし、それは本末転倒だ。人員や安全の確保は会社の責任でしょ。なのに、なぜ労働者が尻拭いせなアカンの? 「年末年始に有休を取らないように」と会社は去年指示したが今年もやるんか? パワハラだし、違法ですよ。会社は労働者の声を聞け。みんな家族もあり、休みたいのは当然だ。大体、世間が休んでいる中で働かせる労働者に何の配慮もしない。それでいいのか。管理職の皆さんも正月に出勤したいか? 「繁忙期だから休むな」と言うならば「繁忙期手当」ぐらい出さんかい。団交で要求を実現しよう!

●泣き寝入りではなく闘おう!
 あきらめではなく団結する時だ。実際、労組結成以来、流れも変わって、会社の思うように行かなくなった。だから、会社は焦って2回開いた団交にも応じない。もう労組には譲れないという判断かな? ならば労働者はより団結していこう。現場を回しているのは労働者です。団交をやろう!

■労働者は国や会社の奴隷ではない!
 技能実習生が3年間で69人死亡。なのに国は隠して入管法を強行した。外国人労働者を奴隷扱いし、労働者を分断する。この入管体制の下でデリカでも沢山働いている。労働者に国境はない。一緒に働く仲間だ。団結して職場を取り戻そう!職場は労働者のものだ。戦争・改憲と搾取を強める資本主義に未来なし。トランプや安倍を倒し、労働者の社会を作ろう! 


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック