2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

デリカフーズ分会通信 第7号(発行責任者 分会長・萬野 清 発行日:2017年11月14日

kage

2017/11/18 (Sat)

★10・28分会報告集会で新たな団結が拡大した!
●戦争・改憲と対決する労働者の団結を!
 デリカ分会の報告集会に、職場・地域から20人の労働者が参加。職場・地域に改憲・戦争・労働法制解体攻撃と対決する労働組合の団結をつくろう!の声を上げました。
 戦争と職場がどうつながっているのか?職場の団結はどのようにして作るのか?切迫する朝鮮戦争を、いかにして止めるのか?参加した労働者から活発な意見が出され、労働組合の立場を明らかにすることができました。
 デリカの現実はすべての職場の現実です。労働者はバラバラに分断されることで、安全が無視され、労働者が生きていけない生活を強制され、資本がぼろ儲けしています。分断の最たるものが戦争です。
 しかし、労働者は資本の奴隷ではありません。職場を回し、社会を動かしているのは労働者です。労働者は、団結に生き、資本と闘う誇り高き存在です。分会結成以来の闘いは職場の主人公は労働者だということを証明しました。労働者が団結すれば職場を変え、戦争を止め、社会を変えることができます!
 デリカ分会をさらに拡大し、流通団地の各職場に労働組合の旗を立てたいという決意を新たにしました。
 分会結成以来の闘いによって明らかになったことは何か。労働者が団結したら職場は変わるということです。
 デリカ安全崩壊の原因は正規・非正規、国籍によって職場がバラバラに分断され、団結が破壊されているからです。低賃金・要員不足で有給休暇も取れない、監視カメラで常に圧迫されるという「労働監獄」が強制されていることは許せません。
 会社は「命より金」で私たち労働者を支配しています。 分会に入り、団結を拡大し、職場を変えよう!

●有給休暇も取れない(怒)監視カメラは気持ち悪いぞ!
 分会結成以来の闘いによって明らかになったことは何か。労働者が団結したら職場は変わるということです。
 デリカ安全崩壊の原因は正規・非正規、国籍によって職場がバラバラに分断され、団結が破壊されているからです。低賃金・要員不足で有給休暇も取れない、監視カメラで常に圧迫されるという「労働監獄」が強制されていることは許せません。
 会社は「命より金」で私たち労働者を支配しています。 分会に入り、団結を拡大し、職場を変えよう!

※団交拒否は法律違反だ!正々堂々と団交をやれ

■トランプ来日反対!戦争・改憲阻止集会・デモ(トランプ滞在の帝国ホテル直撃)に参加しました。
 大阪北部ユニオンは11・5東京日比谷公園で開催された集会・デモに参加しました。トランプは「大量の武器を購入しろ」「北朝鮮への圧力を強める」と。安倍は「独自の制裁案を」決めた。
 しかし、99%労働者が団結すれば、1%の資本家の利益のための戦争を止め、社会を変えることができる。団結して闘おう!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック