2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

戦争・貧困・労働運動解体・総非正規職化の安倍政権を倒そう!

kage

2016/05/29 (Sun)

★6・5国鉄闘争全国集会へ!
●被災地救援・川内原発を今すぐ止めろ!
4月14日~16日以来連続して発生している熊本大地震は多くの犠牲者と避難者を出す大災害を生み出しています。
 安倍政権をはじめとする歴代政権は国鉄分割・民営化以来、1%の資本家の利害のために99%の労働者・人民を犠牲にしてきました。自治体職員の数を減らし、病院や学校、公営施設を統廃合し、住民生活に不可欠な事業を切り捨て、地方を過疎化し荒廃させてきました。これらすべてが大災害となって労働者人民を襲いました。
 安倍政権は、3・11東日本大震災で福島原発が爆発、崩壊し、大量の放射能を流出し続けているにもかかわらず、九州電力・川内原発を停止させず、労働者人民の命よりも、国家と資本の利益を死守するという許せないことをやっています。
 動労総連合・九州は被災地救援アピールを発しています。全国、全世界の労働者の団結の力で被災地救援・川内原発今すぐ止めろの大運動をつくりだそう。

★戦後労働法制の解体攻撃と労働運動をめぐる大激動への突入
 安倍はアベノミクスの大破綻と朝鮮侵略戦争ー第3次世界大戦の超切迫のもとで、労働法制解体=総非正規職化によって労働運動の息の根を止める大攻撃に撃って出てきています。
中曽根の「戦後政治の総決算」攻撃は国鉄分割・民営化およびそれと一体の「床の間をきれいにして新しい憲法を安置する」(中曽根)という改憲攻撃を柱にして、労働者派遣法(1985年)など労働運動解体攻撃を全面的に仕掛けてきました。
 以来30年、国鉄闘争(国鉄1047名解雇撤回闘争、動労千葉、動労水戸、動労総連合の外注化、非正規職化阻止闘争)を軸に労働運動解体攻撃と闘い抜き、打ち破ってきました。
 そうした中で安倍は「戦後政治の総決算」の完遂をかけた戦後労働法制の解体攻撃に打って出てきています。解雇の金銭解決=解雇自由や残業代ゼロ=8時間労働制の解体などすべての労働者を非正規職にする攻撃です。
 また7月選挙で改憲攻撃を推進するとともに集団的自衛権、原発、徴兵制賛成、改憲推進の現代の「産業報国会」UAゼンセンを使って連合の分裂・分断を推し進め、UAゼンセンを中心に労働組合の「産業報国会」化に乗り出そうとしてます。

★動労総連合・東京を建設し、6・5集会へ
6・5国鉄闘争全国集会は 動労総連合建設、とりわけ動労総連合・東京建設の闘いです。さらに、労働組合の拠点建設、組織拡大の闘いです。それは外注化阻止・非正規職撤廃、労働法制改悪阻止・派遣法廃止、「産業報国会」化阻止を徹底的に闘う中でかちとられます。 
 今こそ、階級的労働運動の拠点を全国に作り出そう!ゼネストで改憲・戦争を止めよう!

★団交での約束ほごを許さずストライキをやり抜いたぞ!
●戦争と解雇は一体だ!
 昨年12月10日、突然会社解散=全員解雇を通告されました。社長ががんで余命幾ばくもない、高槻市の入札が取れなかったという理由です。「仕方がない」という職場の雰囲気に押しつぶされ、声をあげられませんでした。解雇を会社と私個人の関係でしかとらえていなかったからです。
 しかし、組合や地域の仲間と議論する中で、たった一人でも労働組合の団結の力で階級的利害を貫くことが重要だとつかみました。そして2月の関西国鉄集会や高浜原発反対舞鶴集会に参加し闘う決断をしました。
 3月2日に団体交渉の通告をしたら、職場は蜂の巣をつついたようになり、連日、勤務時間にくい込む激論になりました。3月15日の団体交渉では、会社は事態に真剣に向き合おうとせず個人攻撃に終始しましたが、会社都合の離職票の発行、有給休暇の取得、財務報告の提出を認めさせました。
 しかし、翌日になると財務報告の提出をほごにし、「団交は拒否する。要求書を受け取らない」と露骨な不当労働行為を行いました。絶対に許せません。解雇は労働者にとって死刑宣告だ!
 3月29日11時から1時間ストを地域の仲間とともに貫徹しました。この日は戦争法の施行日です。日頃は戦争反対のリベラル派を装っていた社長代理は、「日本はテロがないから平和だった。これからテロが起こるからこういう法律も必要だ」と言い放ちました。「戦争と解雇は一体だ」という組合の主張に追い詰められた結果です。職場の仲間は社長代理の変わりように驚き、誰も同調しませんでした。
 職場で資本と絶対反対で闘い、団結を拡大してこそ戦争攻撃と闘えます。高槻駅前の街宣で2年前に解雇された仲間が話しかけてきてくれ、ついに団結拡大の展望を開きました。1カ月間の激闘をやりぬき、次の職場を拠点にしていく展望と自信をつかみました。(組合員I)

■闘争スケジュール
 ★6・5国鉄全国運動全国集会
 6月5日(日)午後1時 東京江戸川区総合文化センター大ホール
呼びかけ 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック