FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

労働委員会での証言を募集中(デリカフーズ分会通信37号)

kage

2019/03/25 (Mon)

■パワハラだって止められる
■春闘シール投票してます。

●会社の考えは底が薄っぺらいよ
★法は守らず、有休請求を蹴る。色々理由をつけて団交に応じない。矛盾したことばかりだ。会社は「バレなきゃいい」と勘違いしていないか?
 「雇ってやっている会社に、みな我慢するやろ」とナメテないか。しかし、もう通用しない。労組ができて、労働委員会で争っている。
★行政指導を避けたいのが会社の弱みだ。いっぱい暴露して、団結したら職場は良くなる。パワハラもなlくせる。労働員会での証言を募るよ。
 労組結成のずっと前、管理職がストップウォッチでトイレの時間を計っていた。生理的欲求に対する嫌がらせだ。人権侵害である。労働者はバラバラでは弱い。労働組合は職場を労働者のものに取り戻すぞ。管理職の目なんか気にする必要ない。我慢せず団結するのが一番だ。

●みんなで賃上げしよう!
★去年春は賃上げ要求を認めなかった。労働者は「生かさず殺さず」でいいのか。みんな生きた人間だ。それぞれ家族もある。会社は労働者なしには存在できない。「カット野菜でもうけた」「家族の方に迷惑かけて働いてくれて感謝」(社長、年頭あいさつ)ならば、ため込んでいないで労働者に還元せんかいな。
★2・27春闘申入れ行動では生の声をぶっつけた。みな生活がギリギリで「食っていける賃金」を要求している。一緒にガンバロー!

■フクシマを切り捨てる「復興五輪」
 東京五輪=「復興のため」なんてウソだ。避難支援を打ち切り、「戻れ戻れ」というが放射線量が高く、「1割の老人だけの町に未来はない」という声が上がる。原発近郊の浪江、富岡町はそのレベルに。
 天皇が何度も慰問するのは、被災者の怒りを抑えるためだ。東日本大震災から8年、フクシマの現実は変わらない。なのに国は、原発再稼働をごり押しして、「解決した」と印象付ける。どう見ても五輪なんかしている時ではない。
 福島原発は「アンダーコントロール」(=統制できる)と強弁する安倍首相。「福島から250㎞離れているので大丈夫」と言った竹田JOC会長はワイロ疑惑に答えられずに辞任した。まさにウソとワイロで誘致したのが東京五輪だ。
 税金の浪費で天皇即位70億円、五輪3兆円!?一体誰の金や。すべて私たちの借金になるぞ。金まみれの五輪利権・軍拡・消費税10%・辺野古・・・に疑問と怒りが渦巻いている。だから「天皇」「五輪」のパフォーマンスで目隠ししようとしている。ドサクサにまぎれて、改憲・戦争へ突き進むためだ。五輪賛美ばっかりのっ国やマスコミに、労働者はだまされないぞ。

※3月30日(土)改憲・戦争阻止連続学習会 午後6時半 高槻現代劇場 主催 改憲・戦争阻止大行進・北摂

2・27春闘申入れを貫徹!(デリカフーズ分会通信36号)

kage

2019/03/10 (Sun)

■みんな団結して賃上げを勝ち取ろう!

●ちょっと待った。立ち話では済まないよ。
会社は労組の申入れを玄関払いしようとした。話し合いに行った労組を会議室にも通さない。ホンマ非常識ですな。きっと、まともに向き合う自信がないのかな!?
 この間の団交拒否も含めて怒りをもって、要求書(裏面参照)を突きつけた。「ちゃんと聞いてる?団交を開かないの?」と質問したら、村上総務経理部長は沈黙した。なぜ無視するのか。人として恥ずかしくないの?

●「食べていける賃金を」とは…  
 実質賃金(労働者が受け取った賃金から消費者物価指数を引いたもの)2013年以降、4.1%のダウン。インチキな政府統計でも覆い隠せない。物価や企業収益が上がってるのに、年金は下がり、10月から消費税10%。 このままでは経済的に苦しいと、みな悩んでいる。「食べていける賃金」は当然の要求だ。なのに会社は「意味が不明だ」という。心ない回答だ。労働者の苦しみなど関係ないのか。一体、「カット野菜でもうけた」のは誰のおかげ? 労働者だよ。賃上げを求める。

●団交拒否の異常さが明らかに!
去年4月と7月の団交申入れの時に、責任者は出てこなかった。だがこの間、労組は粘り強く、≪労働委≫≪職場闘争≫に取り組んだ。 誰の力にも頼らず現場の思いに結びついたのである。その結果、今回は村上部長が出席したのだと思う。一歩前進である。もう労組を無視できなくなった証拠だろう。
 いつまでも「文書やり取りだけで団交しない」など通用しない。職場のみんなが団結すれば、団交も賃上げも可能だ。ガンバロー!

■沖縄県民投票で辺野古移設NO!
 民意は無視していいの? 沖縄で2度の知事選と今回の住民投票。反対は県民の声だ。しかし、国は翌日にも土砂投入している。これって、「民は黙れ、決めるのはオカミ」という戦前と同じだ。こんなやり方で戦争の道がつくられるのか。誰もそれをヨシとしない。そんな国に対して、沖縄ー本土で怒りがあふれている。だからかな。
 自民党大会での「自治体の6割以上が自衛隊募集を拒否➨だから憲法に自衛隊明記が必要」(安倍首相)発言は、自衛隊に絶大な権力を持たせるものだ。今でも自衛隊は住民台帳を利用して、個別訪問で勧誘している。個人情報が国に使われている。改憲すればそんなものでは済まない。行きつくところは徴兵制だ。
 労働者は戦争の中では生きられない。何のうらみもない労働者同士が国や資本家の利害のため殺し合う。戦争とは理不尽なものだ。改憲をとめよう!

★3月30日(土)夜6時半、 改憲阻止学習会
(高槻現代劇場で) 主催:大行進・北摂

3・11反原発福島行動❜19 福島は絶対負けない! なくそう!原発 とめよう!改憲・戦争

kage

2019/03/10 (Sun)

■日時 2019年3月11日(月) 午後1時集会(正午開場) 午後3時デモ出発(郡山駅前まで)
■会場 開成山公園・野外音楽堂(郡山市開成1-5開成山公園内)
■主催 3・11反原発福島行動実行委員会 ℡&Fax024-905-7759(動労福島)
     http://fukushimaacction.blog.fc2.com

●原発事故は終わっていない
 あの日から8年がたとうとしています。福島の原発事故は終わっていません。県内の小児甲状腺がんが200人を超え、被ばくはいまも続いています。「なかったこと」になどできません。国も電力資本も責任を取らないばかりか反省すらしていません。九州電力は、玄海原発を再稼働して電気があまるからと太陽光発電の削減にのりだしました。この国は根っこから腐っています。
 「原発事故はアンダーコントロール」「いまもこれからも健康被害はいっさいありません」とウソをついて招致したオリンピックのため2020年の3月までにJR常磐線を全線再開し、帰還困難区域への住民帰還が強制されようとしています。高線量なばかりか、イノシシが「先住民」になってしまったところに人は帰れません、「オリンてピックが終わったら福島は切り捨てられる」と誰もが思っています。
 社会を根本から変える時です。「憲法より先に安保と基地がある」沖縄から反乱が始まりました。沖縄の青年、女性、労働者、農漁民、市民の怒りが一つになった勝利です。金とウソとデマで、民衆の怒りを分断し、暴力で押しつぶそうとするのが安倍政権のやり方です。20㍉シーベルト基準を強制して「放射能は安全だ」という政府のウソ、分断をゆるさず、子供たちの未来のために団結して闘えば、安倍政権は絶対に倒せます。
 ふくしま共同診療所がよびかけた「被ばくと帰還の強制反対署名」は5万9千筆をこえ、地域の団結が、甲状腺学校検診の打ち切りを阻む力になっています。「住民も労働者も被ばくしてはならない」と被ばく労働拒否をストライキで闘う動労水戸、動労福島の闘いは、労働組合のあるべき姿をつらぬいています。
 3・11福島からこの社会を変えていきましょう。「被ばくと戦争で子供たちの未来を奪うな!」「改憲と核武装絶対反対!」の声をあげ、ともに行動しましょう。労働者も農民も漁民も団結して、国際連帯の力で、原発も戦争もない社会を実現しましょう。
 3・11反原発福島行動´19へのご賛同・ご参加をお願いします。