FC2ブログ
2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

国鉄1047名解雇撤回! 国鉄全国運動7・1全国集会 74日間のストライキを闘った韓国鉄道労組が参加!

kage

2018/06/29 (Fri)

デリカ分会通信18号 組合と一緒に声をあげよう! 

kage

2018/06/26 (Tue)

●今度は逃げんといてや!
  組合は、「無期転換、就業規則、賃上げ」の春闘要求と合わせて、兵庫事業所での「指の切断」事故について、団交を申し入れました。会社は、「組合員名簿を提出」(しなければ団交に応じない)と回答しています。
 会社は組合員名簿を手に入れて何をしたいんですか? 会社は組合員や組合に入りたいと思っている労働者に圧力を加えたいのですか? それって組合破壊ですよ。そんな卑劣なやり口は許されませんよ。
 仲間の皆さん! 申し入れ行動に来て下さい。

●指が切断されたら生活できません!
 会社は張り紙で「注意して作業するように」と、まるで事故が労働者の責任であるかのように言っています。注意していても事故は起きます。誰も進んで痛い思いをしたい人はいません。 事故は「安全無視」「命より金」の会社の責任ではないですか?
 指が切断されたら、今後生活できないですよ。大事な身体をどうしてくれるのだ。安全で生き生きと働ける職場に変えていこう!

★組合に皆さんの声を寄せてください!
 会社が一番恐れているのは労働者の団結です。
 ビラの裏面に投書欄を設けました。皆さんが思っていることを書いて組合に寄せてください(裏面を見てください)。

■残業代ゼロ法案の強行採決弾劾!
 自公政権による「働き方改革」法案の強行採決を徹底弾劾する。森友・加計疑獄を居直る安倍は国会会期を延長し、今国会での成立を狙っている。職場・地域から反撃し、参院段階で法案を絶対に阻止しよう!

●安倍は遺族との面会を拒否
 自公政権は、労働者の血と汗の結晶としてかちとってきた8時間労働制をなくそうとしている。
 「全国過労死を考える家族の会」は官邸前に座り込んだ。「私たちの地獄の苦しみを、もう誰にも味合わせたくありません」「命より大切なものはありません。」という訴えは全労働者の怒りの声だ。なのに安倍は遺族の求めた面会すら拒否し、強行採決した。
 加藤勝信厚生労働相は「月残業200時間でもOK」と説明した。「死ぬまで働けというのか!」 残業代ゼロ法案を絶対に葬り去ろう!

6・10関西青年労働者集会 トランプ・安倍の戦争を止めよう! ストライキで闘う労働組合を青年の手でつくりだそう!

kage

2018/06/05 (Tue)

■日時:6月10日(日) 14時~
■場所:靭公園(東園) ※集会後、デモをやります。
■主催:関西青年集会実行委員会
■連絡先:大阪市西成区山王1-1-10-807 ℡&Fax 06-7503-7232
 mail kansaisenengogo@yaho.co.jp 

労働者の誇りと団結で事故のない職場にしよう! 「手を突っ込んだら瞬間的に止まる装置を作って」という声も出ています。

kage

2018/06/03 (Sun)

●事故は労働者のせいか?
4月24日、兵庫工場で「指の切断」という重大事故が起きました。
 会社は事故についての張り紙を出したが、
「切創手袋をしていても刃物に巻き込まれたらケガをします」「一定以上の距離を取れ」と書いています。まるで労働者の注意不足で事故が起きたかのようです。大体、「一定以上の距離」「刃に巻き込まれない在り方」とは意味不明です。しかも「指の一部(?)切断」では労働者は生活できないですよ!
 要員不足の中で「早よやれ!」とせっつかれた中で必死に働いている労働者に対してあまりにも冷たい!本当に事故をなくそうと思えばセンサーの設置など色々あるはずです。

●明日は我が身です!
 「ああ、またか」「しかたがない」という話ではありません。慣れとあきらめが労働者を分断し、安全まで破壊しているのです。
 こんなこともう我慢なりません。「非正規だから」「この年で働かせてもらっているから」という声もありますが、現場を一番わかっているのは労働者です。非正規も正規も団結して会社に立ち向かっていこう! 労働組合が強くなれば労働環境は良くなり、事故を無くすことができます。組合は今回の事故について団交を申し入れます。

●会社は大儲けなのに労働者は最低賃金
会社はカット野菜で大儲けしています。なのに労働者は最低賃金でいいのか!? 労働者と家族が人間らしく生活できる賃金を要求します。「賃上げ・無期転換・就業規則」についての団交を会社は拒否したままです。みんなで団結して要求を貫徹しましょう!

★9条改憲・「自衛隊」明記は戦争のため!
安倍政権は、今年中にも改憲を発議し、来年春までに国民投票を強行しようとしています。これまでは<戦争放棄・戦力不保持>で戦争のできない国でした。政府は自衛隊=「自衛のための実力組織」を憲法9条に盛り込むというのが新たな改憲案です。つまり「自衛」という口実の下に戦争ができる国になろうとしています。
 「自衛」とは何か?軍備や戦争が実際何を守るのか?軍隊は労働者の命を守らない!太平洋戦争でもそうでした。結局、時の支配層、経済界など戦争で儲かる一握りの勢力の利益ためではありませんか。
 安倍は戦争教育推進のために森友事件まで引き起こしました。戦争と権力犯罪を重ねる安倍・自民党政権を打倒しよう! 戦争をとめるのは、労働者の団結した力です。韓国労働者のようにゼネストをやって戦争を止めていこう!
 職場から改憲・戦争阻止の声を上げよう!

無実で43年 星野文昭さん解放 6・3全国集会・パレード

kage

2018/06/02 (Sat)

■日時:2018年6月3日(日)12時開場 12時30分開会
■会場:サンポートホール高松大ホール
■講演:平良 修さん(日本キリスト教団沖縄教区げ牧師) 沖縄と星野文昭
■発言:家族の訴え 弁護団の報告他
■終了後 高松市内をパレード 午後3時15分出発

●星野文昭さんを取り戻そう
 星野文昭さんは、無実でありながら43年目の獄中生活を強いられています。昨年7月24日には、無期刑開始から30年を迎えました。
 2009年の法務省通達に基づき、四国地方更生保護委員会が星野さんの仮釈放心理を開始しています。何としても星野さんの解放を実現するために、更生保護委員会がある高松市に全国からあつまり、集会とパレードを行います。すべての皆さんが参加されるよう心の底から訴えます。

●星野さんは無実
 1971年11月14日、星野さんは目前に迫った沖縄返還協定の批准を阻止するために、渋谷闘争を闘いました。当時の佐藤政権が進める返還は、米軍基地を維持・強化して沖縄の人々の願いを踏みにじるものでした。
 星野さんはデモのリーダーでしたが、確定判決(1983年、東京高裁草場良八裁判長)が認定した、機動隊員殴打も火炎瓶を投げろという指示もしていません。
 星野さんを有罪とする物的証拠は何一つありません。あるのは、デモに参加した学生たちの警察・検察の密室で強制された供述調書だけです。岩井信主任弁護人が言うように「典型的なえん罪の証拠構造」です。現在第二次再審請求の異議申し立て審を闘っています。加

●全国から要望書
 家族、弁護団、運動は、星野さん即時解放を求めて)。構成保護委員会への申し入れを続けています。星野さん海保を求める要望書は国会議員や地方議員、弁護士、学者、芸術家、宗教者、さらに労働組合、市民運動から寄せられ、累計1944人に達しました(3月6日現在)。
 星野さんが描いた絵と暁子の詩を展示する絵画展が全国で開かれ、大きな感動を生んでいます。
 今こそ星野文昭さんを取り戻すために、すべての皆さんのご協力をお願いします。