FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

泉佐野市議会選挙 中川いく子さん 981票(次点) 今日から新たな挑戦を始めます

kage

2018/05/16 (Wed)

★みなさんのあたたかなご支援、本当にありがとうございました。

 悔しいです。残念ながら、みなさんの熱い思いを検挙 結果につなげることができませんでした。
 しかし、私は下を向いてはいません。「戦争と改憲を絶対にとめよう!」「命より金もうけの安倍千代松を倒そう!」と訴えて闘ったことに何の悔いもありません。981票の中には、他のどの候補にも負けない強い思いと、団結があると確信できます。
 私は労働組合の支部書記長として、泉州住民の会代表として、婦人民主クラブ泉州支部長として、今日から新たな挑戦を始めます。今回の悔しさをバネに、より一層みなさんとの団結をうち固めて闘います。力強いご支援にあらためて感謝を申し上げます。ありがとうございました。(選対本部ニュース第4号より)

5・20全関西狭山集会 狭山事件は権力犯罪だ! 狭山再審闘争の勝利で、改憲・戦争を止めよう!

kage

2018/05/14 (Mon)

■とき 5月20日(日) 午後1時から 集会終了後デモ
■ところ 植木団地(高槻市バス「富田団地中央」下車、北西へ徒歩5分 柳川中学校の東横
■主催 全国水平同盟 本部:八尾市高砂町3-85-6 ℡・Fax:072ー991-7729
                高槻支部:高槻市川添町1丁目18-1 ℡・Fax:072-693-0058

●狭山・星野闘争は一つ、再審を勝ち取ろう!
★下山鑑定を武器に狭山再審闘争の勝利を!
 狭山事件は権力犯罪です。部落差別は労働者を分断するために、国家権力が意識的につくりだしたものです。下山鑑定は「石川一雄さん犯人の決定的物証とされてきた万年筆」が警察・検察・裁判所がぐるになってでっち上げた権力犯罪であることを暴きました。検察・裁判官が隠していた証拠を開示させ、検察鑑定書ででっち上げを証明したのです。石川さんの不屈の闘いは、ついに、国家犯罪を暴き、「安倍を監獄へ!」の労働者の怒りの号砲となりました。

★部落解放運動を戦争翼賛勢力にするな!
 今、部落では、全面的な更地化、追い出し、生活破壊の攻撃が襲いかかっています。西郡、高槻、京都から始まった闘いは、分断を打ち破り労働者が団結して、奪われたすべてを奪い返す闘いです。
 安倍政権は、労働者の闘いに恐怖し、労働運動と同時に部落解放運動を解体し、改憲・戦争の翼賛勢力にしようとしています。部落解放同盟・本部派は、今大会で自民、党幹事長・二階を呼び、「部落差別解消推進法制定に尽力」と絶賛し、解放運動を投げ捨てました。「解消法」の本質は部落差別が国家権力による分断であることを隠し、労働者に原因があるとして分断することです。しかし、逆に、労働運動や部落解放運動がよみがえるチャンスです。部落解放運動が荊冠旗を掲げ、先頭で闘えばゼネストを実現できる時代です。

★狭山ー 星野で改憲・戦争の安倍を監獄へ!
 沖縄・反戦運動を闘って、でっち上げで獄中43年の星野文昭さんの不屈の闘いは資本に対して悔しい思いを持つ労働者を勇気づけています。利権とウソにまみれた国家犯罪で労働者を食い物にする安倍政権こそ、改憲・戦争に突き進む国家・資本家の姿です。石川さんと星野さんの闘いは一つとなり、国家犯罪を撃ち、労働者の改憲・戦争、労働法制改悪への決起をつくりだし、社会を根底からひっくり返す革命への火柱となる! 5・20全関西狭山集会に結集し、改憲・戦争をとめましょう!全国水平同盟に結集し、帝国主義を打倒する部落解放運動の号砲を植木団地から打ち鳴らしましょう!


安倍と麻生を監獄へ! シリア爆撃は世界戦争の始まりだ!

kage

2018/05/06 (Sun)

●目的は北朝鮮への戦争への予行演習だ
★4月14日、米英仏はシリアにミサイル105発をぶちこんだ。トランプは「4月6日の化学兵器使用への報復」と言う。しかし、対イラク開戦時に米国が主張した「イラクの大量破壊兵器」は発見されなかった。米国によるデッチアゲだった。
 米軍は4年前からシリアに累計2万5千回以上空爆した。その結果、多くのシリア人民が難民になった事実は見逃せない。
★今回の爆撃は、過去のものとは違う。3日前にトランプは「ロシアは準備しておけ」とツイッターした。まさに対ロシアの戦争をも構える宣言であり、対北朝鮮戦争の予行演習と見るべきだろう。
★「南北会談」「米朝会談」で平和は来ない。逆に、北朝鮮へ戦争突入のための時間稼ぎではないか。米国は「米朝決裂したら軍事行動する」と言っているぐらいだ。18日の日米会談は朝鮮戦争への意志を確認している。結局、安倍もトランプも戦争屋です。国境をこえた労働者の団結で戦争阻止しよう! 米・韓や北朝鮮の労働者と連帯して。

●戦争教育をめざす極右「日本会議」
★森友・加計・自衛隊日報…とは何か?
 単なる「文書管理」の問題ではない。日本を戦争国家にするための「確信犯」的な権力犯罪ではないか。財務・文部・厚労・防衛の官庁も大企業もデータ改ざん。国が丸ごとだ。
★背景としては、どんなに野党が屈服し「連合」があっても日本で労働者の闘いがやまない。とくに政府・財界が全力あげた「国鉄分割民営化」で闘いを絶滅できていない事実は大きい。
★戦争教育が進まない事に安倍政権(=日本会議)は焦っている。だから疑獄まみれの森友小学校が登場した。「園児の教育勅語斉唱」は彼らのモデル。「天皇や国のために死んでくれ」という教育です。そのために税金を使い、国有地をタダ同然で払い下げる。もはや日本の資本主義の腐敗は果てしない。改憲・戦争を止めよう! 労働者の社会を作ろう!

●戦争を止める力は労働者にあるよ
★政府・財界は労働者の力を恐れて「働き方改革」法案を強行しようとしています。目的は、労働者を団結させなくする事にある。残業代ゼロで働くとは「国のために死ね」と言うに等しい。フランスでは大闘争が始まっています。日本でゼネストを起こそう!