FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

3・25大行進inHIBIYA 9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう!

kage

2018/03/21 (Wed)

■3月25日(日)午後1時~3時 集会後、銀座をデモ行進
■東京・日比谷野外音楽堂
■主催 改憲・戦争阻止!大行進実行委員会
■呼びかけ 西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動 ふきりつ事務局長)、根津公子(「日の丸・君が代」不規律被処分    者)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、全日本建設運輸連帯労働組合関西生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千  葉動力車労働組合)
●今こそ安倍を監獄へ 森友疑獄の主犯は安倍だ 戦争・改憲と一体の国家犯罪
 森友疑獄で佐川宣寿国税庁長官が辞任に追い込まれた。裁量労働制の方が労働時間が短いとする厚生労働省のデータねつ造が発覚し、「働き方改革一括法案」から裁量労働制の適用対象の拡大を撤回したことに続き、安倍政権はさらに窮地に立たされた。しかし、問題は佐川の辞任だけでは断じてすまない。森友疑惑の主犯は首相の安倍である。今こそ安倍を監獄に叩きこもう。3・25日比谷野外音楽堂に集まろう!腐った社会を変えよう!

3・17北摂春闘集会へ もう黙ってられへん!? 働く仲間は団結しよう!

kage

2018/03/17 (Sat)

時間:3月17日(土)18時30分~20時頃まで。集会後に交流会します。
場所:茨木市男女共生センター(ローズワム)茨木市神社の隣

★労働者が食って行ける賃金をよこせ!
★残業代ゼロと過労死をもたらす「働き方改革」8法案を廃案に!
★正規も非正規も労働者は一つだ!
★非正規職の雇止め反対!
★非正規職撤廃!
★憲法改正・戦争を許すな!
 どこまで労働者を酷使するのか?財界の要請で政府はデーター不正までしている。「人の命より金もうけ「国のために働け」の果ては憲法改正・戦争である。そんな国では労働者は浮かばれない。考えても見て。労働者なしに社会はないはずだ。もう国や資本家の勝手にはさせない。国境を越えた団結で戦争を止めよう。すべての職場に労組の旗をたてよう!

●裁量労働制も高度プロフェッショナル制度も労働者の自由はない。企業が得するだけだ!

中央砕石分会通信1号 私は三月末雇止めを許さず闘います! 労働者を人間扱いしろ!

kage

2018/03/14 (Wed)

●派遣労働者も人間だ!
■3月9日、団体交渉で会社を追及
 会社は組合による団体交渉の申し入れに対して「(派遣社員だから)雇用関係がない」と受け取りを拒否しました。
 しかし、組合による「契約更新の権限は会社が持っており、実質的な使用者である。団体交渉に応じる義務がある。最高裁の確定判決がある」という追及によって団体交渉を受けざるをえなくなったたのです。
 団体交渉では会社は顧問弁護士が「会社と雇用関係がない。派遣会社と交渉してくれ」と形式的な主張を繰り返しました。

■現場を動かしているのは労働者だ!
 しかし、I組合員が坂井(砕石事業部長)氏に対して「形式的な言い逃れをするな!今回の雇止め・解雇は会社が労働者を人間扱いしていない象徴的事件だ!労働者は解雇されたら、生きていけない。業績が悪化したからと言って、4度も契約更新している派遣労働者を切る。こんな理不尽なことが許せるか!」
 「毎日汗、砂、泥にまみれて現場を動かしているのは労働者だ。派遣もアルバイトも契約社員も正社員もない。労働者を大事にしろ!」と追及しました。坂井氏は沈黙するだけでした。

■トイレすら設置しない!労働者を人間扱いしろ!
さらに「安全衛生を強調しながらトイレも設置しない。設置されているトイレも掃除もせず、ハエがウジわいている。見るに見かねて私が自費でトイレ掃除してきた。そんな人間を派遣だからと言って切るのか!」⇒改善実施中(?)

■残業しなければ生活出来ない低賃金!
 「会社は安全対策を強調しているが、毎日・土曜日も出勤しなければ生活できない低賃金=過重労働こそが事故の原因だ。」⇒沈黙

■ギリギリの要員なのに雇止め・解雇は納得できない!
 私が働いている第4工場の二次側は3人体制で回しています。「4月以降はどういう体制で回すつもりか」と聞くと坂井部長は「今井さんの後は正社員にやらせる」と回答しました。
 しかし、現在、ギリギリの要員だから、他の部署の要員が減らされるということです。

■さらなる解雇を阻止しよう!
「さらなる解雇をするつもりではないのか」という組合の追及に坂井部長は「今のところ考えていない」というアイマイな回答をしました。
組合は業務縮小、経費削減を理由にさらなる解雇を考えているのではと組合は疑っています。

●皆さんと一緒に働きたい!雇止めを許さず一緒に闘おう!
私の雇止め・解雇は労働者を人間扱いしない会社の体質にあると考えています。ギリギリの要員なのに業績が悪化したから、まず派遣から首を切るという安易な発想を許せば、次はアルバイト・契約社員と対象が拡大され、正社員も含めた大量解雇につながります。
■第2回団交(3月27日)やります。
 職場に労働組合が必要です。仲間のみなさん!
職場の主人公は私たち労働者です。労働組合に入り、労働者が人間らしく生活できる職場に変えていきましょう!

デリカフーズ分会通信13号 団結して大量解雇をぶっ飛ばそう! 3・17北摂春闘集会へ

kage

2018/03/14 (Wed)

●賃上げをかちとろう!
 労働者と家族が、人間らしく生活できる賃金をかち取ろう。1日8時間の労働で、食える賃金をかち取ろう!組合は団交で賃上げを要求しました。
 一律3万円以上の賃上げをせよ!最低賃金では生きられない!非正規職は、時間給で、300円以上の賃上げをせよ! 労働者同士を競争させ、分断する成果主義・能力主義、「早くしろ」と急かすパワハラを許すな!非正規職撤廃!職場を動かしているのは私たち労働者です。労働組合に入り、団結して、明るく楽しい職場に作り変えましょう!

●無期転換逃れの解雇許すな!
 改正労働契約法で、18年4月から、同じ会社で通算5年以上働いている有期雇用労働者は、無期雇用への転換を申し入れる権利が発生します。会社は拒否できません。全国で450万人が対象になるといわれています。
しかし、就業規則を変えたりして、法律をすり抜ける、無期雇用転換逃れの大量解雇が行なわれています。デリカフ―ズでも、5年以上働いている労働者はたくさんいます。しかし、会社は無期雇用転換の権利が発生することについて、一切労働者に知らせていません。
 就業規則11条では、「期間の定めのない労働契約に転換できる」とされています。他方で、「3ケ月の空白期間があれば、権利が発生しない」としています。組合は、会社が無期雇用転換逃れをしようとしているのではないか?と疑っています。希望者全員を無条件で無期雇用に転換にしろ!

●6カ月ごとの首切り許すな!
 昨年10月1日の、新会社発足で、就業規則が変えられた。「雇用期限の上限は半年」「会社が必要と認める場合だけ、契約を更新する場合がある」としています。労働者を競争させ、会社に忠実なものだけを雇用するというのか?こんな、会社の奴隷になれというような就業規則は絶対に許せない。
 6ケ月ごとに解雇され、新たに雇用されるかどうか、いつもびくびくしながら、契約更新をしています。こんな有期雇用という在り方そのものをなくしていきましよう。希望するもの全員を正社員にせよ。
 労働組合に入って、解雇許さず、非正規職を無くしていくために、団結しましょう!

●デリカは団交から逃げるな!
 会社は第1回団交では「法律を守る」と言っていました。これをを無にするというのか。団交拒否は法律違反だ!
 会社は、団交の日程に回答しようとしません。会社は何を恐れているのでしょうか? 正々堂々と団交を受けよ!

※ パワハラなど会社の嫌がらせを受けた人は労働組合に連絡ください。

★労働組合に入り、明るく、楽しい職場に変えよう!
 一人で悩まず、皆の力で職場を変えて行きましょう!