FC2ブログ
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

女性たちよ起て!怒りを行動へ! 2018年3・8国際婦人デー 戦争反対!止めよう改憲!

kage

2018/02/28 (Wed)

■ビデオ上映「パククネを打倒した韓国民主労総ゼネスト」

 3月8日は、国際婦人デー。101年前、第一次大戦真っ只中のロシアで女性たちが「パンと平和」を求めて、ストライキとデモに起ちあがりました。この決起がロシア革命へとつながり、帝政は打倒され、世界戦争を終わらせました。 トランプやパククネ打倒の先頭に女性が起っています。
 私たちは無力ではありません。現場を回しているのは私たちです。今、安倍の戦争・改憲にどう立ち向かうのか?
 非正規の女性労働者の解雇撤回、住宅追い出し反対、原発反対、命より金もうけの医療・介護・保育との対決、共謀罪弾圧との闘いなど、現場の仲間が集まってみんなで討論します。怒りを行動へ変えていきましょう!

★とき  3月4日(日)午後1時半~3時半(開場1時)
★ところ エルおおさか709号室(本館7階)
※資料代 500円
※お子様を連れておいでください。

★集会後、デモ!(中の島水上ステージから)

■主催:婦人民主クラブ全国協議会 関西ブロック
<連絡先>西宮市中浜町3-2 ☎&Fax:0798-22-1682 メール tojen2014j@yahoo.co.jp
関西労働組合交流センター 女性部
<連絡先>大阪市西成区山王1-1-10-807 労組交流センター ☎&Fax:06-7503-7232

3・3NAZEN(なぜん:「すべての原発今すぐなくせ全国会議」の略)北摂結成集会

kage

2018/02/27 (Tue)

■日時:3月3日(土)18時~20時
■場所:高槻現代劇場205号室

★福島圧殺・切り捨て許すな! 被ばく労働拒否・常磐線延伸阻止!

★天皇制・改憲・戦争絶対! ゼネストと国際連帯で戦争止めよう!

■主催:NAZEN北摂準備会 連絡先:高槻市登町13・4 大阪北部ユニオン気付 ℡ 072-674-8687
■賛同:高槻市医療福祉労働組合 大阪北部ユニオン 植木団地労働組合 婦人民主クラブ全国協大阪北摂支部

●福島原発事故は何も解決していない!福島圧殺・切り捨て許すな!
 福島原発事故からもうすぐ7年目を迎えます。未だに5万3千人を超える県民が避難生活を強いられています。
 福島県の子供たちの甲状腺がんは、疑いも含めて194人と増え続けていますが、県と国は検査を「希望者だけ」に縮小しようとしています。ふくしま共同診療所はこれに怒り、先頭で闘っています。
 「年間20ミリシーベルトまでは安全」と、福島県民にだけ20倍の被ばくを強制し、帰還を強制しています。避難指示が解除された地域全体でも、2割にも満たないのが現実です。

●労働運動の力で原発を止めよう!
 帰還の強制を行うためにJR常磐線の全線開通が狙われています。動労水戸(国鉄水戸動力車労働組合)は「ばく労働拒否・帰還の強制反対」を掲げてストライキで闘っています。昨年10月21日には原発事故を起こした福島第一原発から10㎞圏内にある富岡駅までのJR常磐線開通に対して、ストライキとセレモニー粉砕の闘いを行い、地域の労働者・市民の希望の星になっています。
 ストライキで闘う動労水戸に連帯して、過酷な状況で労働を行っている原発労働者も闘いに決起しています。
動労水戸、動労福島と連帯して、高浜原発・大飯原発再稼働反対を闘う京都府職労舞鶴支部、伊方原発再稼働反対を闘う愛媛県職労を先頭に全国で反原発の闘いが前進しています。
 1月14日、反原発舞鶴行動を全関西から110人が集まって闘いました。原発と人間は共存できません。労働組合の闘いこそが原発を止めます。絶対反対で共に闘いましょう!

●労働法制改悪・天皇・憲法改悪・戦争絶対反対で闘おう!
 米日帝の朝鮮侵略戦争・核戦争がいつ起きてもおかしくない情勢です。核武装のための原発を廃炉にする闘いと改憲・戦争に反対する闘いは一体です。追い詰められた安倍政権は、今通常国会で憲法9条改悪案を審議し、今年中に改憲発議、来春には国民投票
というスケジュールを言い出しています。
 労働者を分断して過労死・低賃金・非正規労働を強制する「働き方改革」と天皇代替わりを利用して憲法を改悪を行い、朝鮮侵略戦争に突き進む安倍政権を打倒しましょう。ストライキで闘う国鉄闘争を基軸に、ゼネストと国際連帯で戦争を始まる前に止めましょう。
 

デリカフーズ分会通信12号(2月20日) 無期雇用転換逃れの解雇を許すな!

kage

2018/02/25 (Sun)

★訂正とお詫び
 デリカで働く仲間の皆さん。デリカフーズ分会通信11号(2月13日)で「総務経理部長が労働者代表になっている」と書きましたが、事実ではありませんでした。訂正し、お詫びします。
  誤った事実をもとに分会通信を発行し、混乱とご迷惑をかけてしまいました。大変申し訳ありませんでした。
 組合は、今回の誤りを深く反省し、今後も労働者の生活と権利を守り、安全に働ける職場を作るために全力で闘っていきます。

●労働者代表選挙はいつされたのか?
 労働者代表を選ぶというならば、労働組合になぜ知らせないのでしょうか?
 会社は労働組合を交渉相手と認め、団交を2回やってきました。交渉相手の労働組合に何も知らせないのはおかしいと思います。
  そして、労働者を管理する仕事をしている総務課の人が労働者代表になっているのもおかしいと思います。
  労基法による「公正な選出」に反しているのではないかと思います。

●6カ月ごとの解雇を許すな!
 昨年10月1日の新会社発足で就業規則が変えられ、「雇用期限の上限は半年」「会社が必要と認める場合だけ、契約を更新する場合がある」としています。6ヶ月ごとに解雇され、新たに雇用されるかどうか、ビクビクしながら契約更新を迎えなければなりません。しかも、最低賃金で労働者同士が競争させられ、人員不足で有給休暇も取れません。こんな労働監獄のような職場を変えていこう。労働組合に入って、解雇許さず、団結の力で非正規職をなくそう!

●無期雇用転換逃れの解雇を許すな!
改正労働契約法で、4月1日から、同じ会社で通算5年以上働いている有期雇用労働者に無期雇用への転換を会社に申し入れる権利が発生します。会社は拒否できません。全国で450万人が対象になると言われています。
しかし、就業規則を変えたり、法律をすり抜ける、無期雇用転換逃れの大量解雇が全国で行われています。デリカでも5年以上働いている労働者はたくさんいます。しかし、無期雇用転換への申し入れの権利が発生することを知らない人が多いのではないでしょうか。
 組合は会社が無期転換逃れを画策しているのではないか?と疑っています。組合は団交で徹底追及していきます。

■ 3・17春闘集会に集まろう!
●日時:3月17日(土)
●場所:茨木市男女共生センター(JR茨木駅・阪急茨木市駅から徒歩7分)
●時間:18時30分~19時30分(集会後、交流会)

働き方改革を撃つ 春闘討論集会

kage

2018/02/13 (Tue)

■2月14日(水)午後7時~9時
■エルおおさか本館5階研修室2 西へ300メートル

 安倍政権は1月22日召集の通常会に「働き方改革関連8法案」を提出しようとしています。
 今、焦点化している「無期雇用転換」で起こっている現実を見てください。非正規職労働者の膨大な解雇、無期転換逃れの脱法行為、最低賃金の名ばかりの正社員化・・・。
 この現実の中にこそ、安倍政権が掲げる「働き方改革」の正体が示されています。安倍政権と日本経団連は「正社員ゼロ=全員非正規、解雇自由」社会をつくろうとしています。果ては「雇用契約に基づかない働き方」と称して、労働者を労基法も労組法も適用されない個人請負事業主にしようとしているのです。
 これはJRにおける第3の分割・民営化ー100社以上の分社化攻撃や全国の自治体で始まっている現業・保育ー自治体丸ごと民営化攻撃と一体です。
 その狙いは戦争・改憲をめざした労働組合の解体です。労働者の:乱ー労働争議を一掃しようとしているのです。
 これといかに闘うのか。合同労組の仲間、郵政の仲間の源波での闘いの報告を交えながら、討論したいと思います。ぜひお集りください。
・f
●主催:関西労組交流センター 連絡先:大阪市西成区山王1-1-10・807 ℡・Fax 06-7503-7232