FC2ブログ
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

7・2投票の都議会議員選挙決戦に総決起を!

kage

2017/06/29 (Thu)

全国協ニュース第127号(2017年6月26日)

7・2投票の都議会議員選挙決戦に総力決起を!
東京西部ユニオン副委員長・北島くにひこさんの当選を勝ち取ろう!
 6月21日、議事堂レストラン解雇撤回闘争の不当労働行為救済申立書を東京都労働委員会に提出した。同日東京都小池知事に対して団体交渉の申し入れを行い、都庁記者クラブで記者会見を開いた。小池との全面激突の闘いが始まった
 小池は6月20日に緊急の記者会見を開催し、市場の豊洲移転強行を発表した。許しがたいことは「築地を守る」と言いながら環状2号線を築地に開通させ、東京オリンピックの駐車場にしてしまうという最初からの方針を打ち出しながら、オリンピックが終わった後の2022年に築地を再整備して豊洲と築地の二つの市場を併用にしていく案を発表した。しかし誰がこんな出鱈目な提案を信じるというのか? 築地を更地にして現在築地市場で働いている業者や労働者をたたき出すための豊洲移転でしかない。更地にして駐車場にした後の5年後に築地市場を新たに作るわけがない。財源も何も示されていない。わかっていることは豊洲に移転したら90億円を超える赤字が毎年累積していき、11市場全部が民営化されるということだ。小池は市場そのものを解体、民営化しようとしている。そういう丸ごと民営化の攻撃として豊洲市場移転を強行し、本丸の都営交通民営化を行おうと言うのだ。しかし、築地の業者、労働者の怒りは激しく深い。現実問題として築地で働いて生きていく以外に選択肢がない労働者が沢山いるのだ。豊洲移転絶対反対の闘いはこれからだ。戦争と丸ごと民営化を絶対に許さない闘いを組織することは可能だ。日本共産党は「小池さんありがとう」と言い続け、小池の「市場戦略本部」が出した非現実的な築地再整備案が可能であるかのように宣伝し、小池にすがり続けてきた。日本共産党はいまだに小池を批判できない。豊洲移転絶対反対! 東京オリンピックはやめろ! 都営交通民営化絶対阻止! を掲げて合同・一般労働組合全国協議会の旗を築地に打ち立てよう!
 都議会議員選挙は小池の東京都丸ごと民営化攻撃と闘い労組拠点を建設する闘いである。その基軸が動労東京八潮支部の闘いであり、都営交通民営化阻止の東交をめぐる闘いである。この二つの拠点建設の中心環に位置するのが「TOKYO都庁議事堂レストラン解雇撤回闘争」だ。  東京都は議事堂レストランを業務委託し、「株式会社はなまる」は2人の正社員、40人の非正規労働者を雇用して莫大な利益を上げてきた。2014年に「ライオン」との競争入札に勝つために「はなまる」が安く落札し、議事堂レストランで営業してきた。今回の闘いで明らかになったことは「はなまる」は雇用期限の異なる二つの雇用契約書を用意して、柿沼さんを欺いて、雇用期限が過ぎた以降も自動更新して働けると期待を持たせて、3・31都庁包囲デモ、4・1の浪江闘争に対する報復として解雇を行ってきたのだ。絶対に許しがたい。全国協の総力をあげて闘いぬこう!