FC2ブログ
2016 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 11

10・23北摂労働者集会に集まろう!

kage

2016/10/22 (Sat)

■安倍政権の「働き方改革」とは正社員をなくし、総非正規職化する労働法制大改悪攻撃だ!
■「同一労働同一賃金」「長時間労働の是正」とは総非正規化と賃下げが正体だ!

●限定正社員制度の導入
安倍や資本は「日本の正社員制度は職務や勤務地、労働時間が無限定だから長時間労働がはびこった」などというペテンで限定正社員制度を導入しようとしている。限定正社員とは職務が外注化され、勤務地の事業所が閉鎖されるなど仕事がなくなれば解雇され、しかも短時間のパート労働者と同じ低賃金の時給制で定期昇給もない、形は無期雇用でも実質的にはいつでも解雇できる非正規職なのだ。

●2018年問題とは
 2013年の労働契約法の改定で有期雇用の労働者は5年間働くと無期雇用に転換できるようになった。安倍政権はそれを逆手にとって会社が就業規則を改悪することで5年ごとに労働者を全員解雇し、選別雇用できるようしようとしている。
 また昨年9月の労働者派遣法の改悪で会社は3年ごとに派遣労働者の首を切れば永久に派遣労働者を雇えるようになった。
つまり、2018年に向けて約2000万人の有期雇用や派遣の労働者が解雇攻撃されようとしているのだ。2018年問題とは限定正社員の導入で正社員をなくし、総非正規化する攻撃との大決戦なのだ。

●「同一労働同一賃金」とは全労働者を競争させ、低賃金と強労働を強制するものだ!

 経団連が7月に出した「同一労働同一賃金の実現に向けて」と題する報告書では「日本型同一労働同一賃金」と称して、会社が「同一」と決めた労働は同一であり、「同一でない」と決めた労働は同一でないということだ。
つまり、正規職を含む全労働者を競い合わせ、会社が認める同一労働(最低賃金ぎりぎりで定期昇給もない強労働)を強制しようとしているのだ。

●残業代ゼロ法案も撤回せず
 安倍政権は15年4月、「高度専門業務」に就き年収1075万円以上の労働者については労働時間規制を撤廃し、残業代はゼロという労働基準法改悪案を国会に提出した。
 いったん法案が強行成立されれば年収要件はいくらでも引き下げられる。安倍政権の「長時間労働の是正」はペテンなのだ。

●動労千葉のように闘おう! 
 すでにJRではCTS(千葉鉄道サービス)
という関連会社が就業規則を改悪して、最長5年の上限を設け、選別された労働者だけを無期雇用に転換する制度を導入した。仮に無期雇用に転換されたとしても、賃金は時給制で最低賃金ぎりぎり、定期昇給もない。
 動労千葉はCTSの労働者と共にストライキで闘っている。正規労働者と非正規労働者が闘う労働組合に結集し、団結して闘ってこそ安倍の「働き方改革」を打ち破ることができる。労働法改悪にゼネストで対決する韓国民主労総に応え、11・6労働者集会へ結集しよう! 10・23北摂労働者集会に集まろう!
11・6~11・12国際共同行動へ!

★闘争スケジュール
■10・23 北摂労働者集会
10月23日(日)午後2時 高槻市立生涯学習センター研修室(高槻市役所、高層ビル三階)  主催 北摂労働者集会実行委員会

■11・6全国労働者総決起集会~11・12労働法制大改悪阻止全国民衆総決起    正午 東京・日比谷野外音楽堂           韓国ソウル
呼びかけ 国鉄千葉動力車労働組合 全日本建設運輸連帯労働組合関西生コン支部 全国金属機械     労働組合港合同 全国民主労働組合総連盟ソウル地域本部

朝鮮戦争(核戦争)が始まる前に阻止しよう! 11・6東京ー11・12ソウル国際共同行動へ!

kage

2016/10/21 (Fri)

日韓の4労組(民主労総ソウル地域本部と国鉄千葉動力車労組・全国全属機械労組港合同・全日本建設運輸連帯労組関西生コン支部)は11・6東京日比谷公園と11・12ソウルで労働者大会を開きます。戦争と労働法改悪に対して国際連帯とゼネストで闘おうと。10・23北摂労働者集会に参加を!

●米韓は金正恩暗殺や核兵器使用計画!

★北朝鮮が9月9日、5回目の核実験をした。その対極で米韓の作戦計画5015には金正雲暗殺、海域封鎖、基地破壊が明記されている。超音速戦略爆撃機の投入。在韓米軍が南部に移動。10月には韓国沖や北朝鮮沖やアラスカで軍事演習。これら全て、北朝鮮を「暴発」へと誘導し、一気に核戦争へという戦争挑発だ。
★韓国の星州でサードミサイル配備反対の闘争 大統領の地盤で戦争を実質とめている。9月13日ソウルで学生が「サード反対」「北朝鮮核実験糾弾」デモ。9月末から民主労総のゼネストが拡大。こうした韓国労働者の闘いをつぶすための戦争だ。
★朝鮮戦争では死者400万人5人に1人が死んだ。多くの労働者が「反共」の名の下に虐殺された。今度は核戦争が必至だ。そうなる前に止めよう!
★昨年の安保法は「朝鮮有事と関係ない」か? 朝鮮戦争の特需で資本家が大儲けした日本。秘かに海上保安庁の掃海隊8千が参戦、死者は56名。「戦争放棄」の新憲法2年後の事だ。今その憲法も変えるかという情勢だ。日本が隣の戦争に自衛隊を出さないわけがない。

●改憲や戦争を労働者は止められる!
★12年の自民党改憲草案は「国防軍創設」「言論統制」を提起。「97条での永久の権利=基本的人権」を削除。改憲とは、結局は戦争のため戦前的な価値観が復活するしかないということだ。
★「参院で改憲勢力が3分の2確保」と言うが… アべノミクス崩壊の中で年金損失5兆円など労働者の怒りが絶対に沸き起こってくる。労働者の抵抗で改憲や戦争の全てが吹き飛びかねない情勢だ。今や安倍は余裕を失い、改憲問題で国会答弁を拒否。労働者の怒りを恐れて、一方で共謀罪を引っ込めつつ、他方で警視庁による全学連への襲撃や労組弾圧を激化させる。このように安倍の改憲攻撃は脆弱で凶暴だ。何一つ盤石ではない。
★改憲勢力を追いつめてきたJR労働者の闘い 「国鉄改革で労組つぶして改憲のお膳立てする」(中曽根)はずだったが国鉄闘争は健在。30数年の闘いで国は最高裁で負けた。ついに労働組合の団結で勝てる情勢が来た。
★労働者同士が国境を越えて団結すれば戦争は不可能だ。戦争せなあかんような社会はいらない。たった1%の「命より金」の資本家の支配を打ち破ることができる。労働者の社会を作るため、ゼネストに決起しよう!(裏面へ)