FC2ブログ
2016 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 04

労働者をなめるな!ストライキで闘うぞ! 高槻リサイクル分会

kage

2016/03/29 (Tue)

★会社解散=全員解雇絶対反対!
●会社の不当労働行為を許さない!

 3月15日の団体交渉では、組合の責任追及に対して、会社側は会社解散=全員解雇という事態に真摯に向き合おうとせずに個人攻撃に終始しました。
 前社長は「年休を認めるぐらいなら会社をたたむ」と言っていましたが、今回の追及で有給休暇取得を認めさせました。
 離職票の扱いについても、解散は会社都合の解雇であることを認めさせました。
 財務報告の提出も確約させました。
 団体交渉で労働組合の力を突きつけたのです。
 にもかかわらず、翌日になるや一転して財務報告の開示を反故にしたのです。
 団交での約束をなんと思っているのだ!
 しかも、「団体交渉には応じない」「組合からの要求書は一切受け取らない」と、露骨な不当労働行為を行ってきました。
 このような労働者をなめきった会社の態度は絶対に許せない!
 「入札に失敗したから仕方がない、会社解散を黙って受け入れろ!」とは居直り以外のなにものでもない!
 「仕方がない」というのは、会社が労働者に屈服を強要する攻撃だ。解雇は労働者にとって死刑宣告だ! 黙って「笑顔」で受け入れることなどできません!

●会社解散は安倍政権の戦争と大失業の攻撃とひとつ
 今回の会社解散=全員解雇は、単に高槻リサイクルだけで起こっている事態ではありません。
 今、私たち労働者全体に戦争と大失業の攻撃が襲いかかっています。世界は大恐慌へ突入し、その危機を戦争で突破しようとしています。安倍政権は、昨年戦争法を強行採決し、7月の参議院選挙で戦争のできる憲法に変えることを公約に掲げ、戦争へと大きく舵をきっています。
 戦争法と一緒に、改悪労働者派遣法が強行採決されました。改悪派遣法は、派遣先会社が3年ごとに派遣労働者の首を切るか、他の部署に配転して派遣労働者のまま雇い続けることができるというものです。
 解雇の金銭解決=解雇自由や残業代ゼロ=8時間労働制の解体など、すべての労働者を非正規職にし解雇自由にする攻撃です。
 また、社会全体を民営化=外注化し、弱肉強食の競争原理に叩き込む攻撃が行わています。高槻リサイクルと同じように、大企業が中小零細企業の仕事を奪い、倒産や解散で労働者が大量に解雇されています。

●組合に入って社会を変えよう!
 だからこそ、今回の会社解散=全員解雇に対して「仕方がない」と諦めて沈黙することはできないのです。沈黙することは労働者がバラバラにされ、労働者同士が殺し合いをさせられる戦争へ動員される道だからです。
 労働組合に入り、団結して沈黙を打ち破り、ストライキで解雇絶対反対の怒りの声を上げよう!
 全世界の労働者と団結して新しい労働者の社会をつくるために闘おう!

会社解散=全員解雇絶対反対! 生きるために団結して闘おう! 高槻リサイクル分会

kage

2016/03/27 (Sun)

★労働組合に結集してストライキで共に闘おう!
●団交の約束さえ反故にする会社を許さない!

 3月15日、高槻リサイクル分会は、会社との団体交渉を行いました。団体交渉で、会社は組合員に対する個人攻撃をするなど終始不誠実な態度でした。会社解散によって、今まで悪環境の中で汗水流し協力しながら必死で働いてきた仲間をバラバラにされ、全員解雇で生活を奪われてたまるか!
 一切の責任は会社にある!この間の離職票や有給休暇の取り扱いなどに、会社の労働者無視の態度が現れています。
 そればかりではありません。労働組合の団体交渉に追い詰められた会社は、団体交渉での約束すら反故にし、第二回目の団体交渉要求を拒否し、「労働組合からの申し入れは今後一切受け取らない」と言っています。労働組合をなめた不当労働行為を行う会社に、ストライキを叩きつけます。

●労働組合の団結で誇りと心の底からの笑顔を奪い返そう!

 団体交渉の後に、職場の仲間から「金をもらうのが目的なんですか?」「笑顔で仲良く別れたいのに」と言われました。
 本当に心の底からの笑顔なのでしょうか。解雇は仕方がない、誰の責任でもないと自然災害のように諦めて「笑顔」で受け入れ、「仲良く別れる」ことなど絶対にできません。金が目的ではなく、この現実が悔しくて変えたいからです。
 資本家は、労働者の生活や命など何とも思っていません。それは大企業であろうと中小零細企業であろうと同じです。
 東芝やシャープ(倒産の危機、海外資本に身売り)で始まっているように、大量の会社が倒産し、労働者が解雇され、憲法が変えられ、戦争に動員される戦争と大失業の時代が目前です。これは、労働者全員にかけられている攻撃です。まず中小零細企業が倒産し、労働者が解雇される、今回の会社倒産はその一端です。
 労働組合がない、あるいは御用組合しかないと、労働者はバラバラにされ、解雇や賃下げ、戦争動員に「仕方がない」と諦めさせられてしまいます。
 労働組合に結集し、団結して解雇絶対反対で闘い、労働者同士が殺し合いをさせられる戦争動員を拒否し、労働者が主人公になる社会に変えていく以外に生きていく道はありません。

●団結して社会を変えよう!
 労働者は、社会の全てを生産し、動かしている社会の主人公です。その力が、労働者の団結の中にあります。韓国・民主労総をはじめ、全世界の労働者がゼネストに起ちあがっています。 戦争と大失業の時代には、資本家と政府は、労働者の決起を恐れて労働組合の団結を潰そうと激しく襲いかかります。だからこそ、労働組合を甦らせ、日本でもゼネストを実現しましょう。
 大阪北部ユニオン高槻リサイクル分会は、職場の皆さんとの団結を求めてストライキに起ちます。分会に結集し、闘って分断をうち破り、労働者の誇りと心の底からの笑顔を共に取り戻しましょう!

職場の仲間のみなさんへ(1) 高槻リサイクル分会 

kage

2016/03/21 (Mon)

 3月2日に会社に団体交渉の申し込みを行ったことに対して仲間の皆さんから様々な批判を頂きました。翌日、3日には仕事の時間を割いてまで話し合いの場を設けて頂きましたが、十分な説明ができませんでしたので私の頭の中を整理して文章にしました。拙い文章ですが、是非一読して頂ければと思います。
①突然、組合が出てくるのはおかしい、何故その前に今井さんはさんTさん(社長代理)に話さなかったのか、という指摘・批判について。
 これは、当然の指摘・批判です。僕個人では声をあげられなかった、組合の後押しでようやく声を上げることができたというのが本音です。皆さんの「笑顔で仲良く別れよう」と気持ちの整理をつけていることに冷水をあびせることになったと思います。
 当初、私も皆さんと同じように会社が解散に追い込まれ、社長が死んだんだから喪に服さなければならない、仕方がないではないかと無理やり自分を納得させようとしていました。
 しかし、一方で、14人全員が職場を奪われるというに重大事態に対して「仕方がない」と諦めて何もしなくてもよいのか。このような事態になった原因は絶対にある。このまま何もしなければリサイクルという仕事に誇りを持って皆で一生懸命働いてきた職場が何か自然災害のために消えてなくなってしまうことになる。会社解散という現実と向き合い、何ができるか、或いはできないか、皆で必死に考え、団結して、この現実を突破したいという思いが会社解散までカウントダウンに入る中で私の中で大きくなってきたのです。

②会社解散だから解雇ではないという批判について。
 会社解散に伴う雇用契約の打ち切りという意味で会社解散=全員解雇と表現しました。確かに12月10日の会社の説明の際に「会社解散」については言明されましたが従業員の解雇については言及されていませんでした。そのため解釈の相違があったのだと思います。ご存知の通り、会社都合による退職と自己都合による退職では失業保険の給付金額などが全然違いますので、この点については団体交渉で会社に確認したいと思います。
③団体交渉は何のためにやるのかわからない、という疑問について。
 解雇は労働者とその家族にとって最大にして最悪の事態です。労働契約法ににも「会社解散・清算による解雇は、客観的に合理的理由を欠き、社会通念上、相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とする」とあります。
 そして、会社は会社解散・清算し、従業員を解雇する際に、4つの基準を果たす義務があります。ⅰ人員削減の必要性 ⅱ解雇回避努力 ⅲ被解雇者の選定 ⅳ説明・協議義務です。とりわけⅳの説明・協議義務が重要だと思います。会社は労働組合があるときには組合に必ず説明・協議する義務があります。
 団体交渉で会社に皆が納得がいく説明をしてもらいます。何ができるか、できないかを十分に皆で協議し、可能な限りのことを尽くすことが大事だと思います。可能な限り早急に団体交渉の報告を行い、皆の意見を聞きたいと思います。
④その上で高槻市に対して入札の問題性について追及していきたいと思っています。入札の結果として会社が解散し、解雇になっているわけですから行政にも重大な責任があります。頬かむりは絶対に許されません。
 そのために入札のシステムやこれまでの経緯について団体交渉で会社に聞きたいと思っています。 
                       3月10日  今井俊介

3・11反原発福島行動´16に集まろう!

kage

2016/03/08 (Tue)

●帰る力はここにある!私たちが歴史を動かす!We have the power to change history !

3・11は原発と核をなくそう、社会を変えていこうと福島の人々、全世界と行動を一つにして行く日。
 子供たち、学生、親たち、仮設の住民、農民・漁民、すべての労働者の怒りと思いを一つに結集し、行動する日にしていきましょう!

★再稼働阻止で闘う自治体労働者 被ばく労働拒否で闘う動労水戸 福島の農民 ふくしま共同診療所医師 福島の学生

★郡山駅前広場 10:00~11:30 リレートーク アピール
★コンサート サックス ピアノ バンド演奏 合唱♪etc

※集会後 郡山駅前までデモ行進!!

● 日時:2016年3月11日(金) ※入場料無料 12時開場 13時開会 15時デモ出発
● 会場:開成山・野外音楽堂(福島県郡山市開成1-5 開成山公園内) JR郡山駅9番乗り場から福島交通バス約10分 郡山市   役所前下車、徒歩2分
●<主催>3・11反原発福島行動実行委員会 連絡先080-3324-0311 FAX 024-575-5124
 Mail 3・11fukushimaaction@gmail.com Blog :http://fukushimaaction.blog.fc2.com Twitter @311fukushima

3・6国際婦人デー集会に参加しよう!

kage

2016/03/01 (Tue)

●戦争を革命へ 労働者民衆に力あり!
戦争と首切りの安倍を倒そう! ゼネストで戦争を止めよう!
フクシマの怒りと結びつきすべての原発今すなくそう! 再稼働絶対反対!
民営化・外注化阻止! 非正規職撤廃! 労働者が主人公の社会を作ろう!

とき 3月6日(日)午後1時半から
ところ エルおおさか 視聴覚室(本館5階) 地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋駅」300m

★ビデオ上映 「韓国民主労総の闘い」

★闘いの報告と討論
●丸ごと民営化と闘う奈良現業職場から
●住宅追い出しと闘う京都・東三条から(全国水平同盟)
●フクシマ現地報告 など

*お子様連れでおいでください
*資料代 500円

婦人民主クラブ全国協議会・関西ブロック
関西労働組合交流センター・女性部    共催