FC2ブログ
2014 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 04

闘う労働組合をつくろう!(3月11日付けビラ)

kage

2014/03/18 (Tue)

◎10割非正規職化の労働者派遣法改悪反対・撤廃!
◎戦争させない! 撤廃させない! 貧困・過労死させない!
◎だから2020年東京オリンピック粉砕!
◎国鉄1047名解雇撤回! 最高裁決戦勝利へ!

※高槻リサイクル(株)が労災休業中に解雇通告!
労働組合の団結の力で解雇を撤回させたぞ!

★派遣法改悪を許さない!

 安倍政権は、今国会で労働者派遣法改悪を押し通そうとしています。これまでは「専門26業種」以外では3年以上、派遣労働者を働かせることができませんでした。しかし、今回この制限を取り払い、全業種に派遣労働者を派遣できるようにし、しかも3年ごとに別の派遣労働者と入れ替えれば、無制限に派遣労働者を働かせることができます。派遣労働者からみれば、3年働いたら必ず首になるということです。
 まさに労働者の総非正規職化が今回の労働者派遣法の改悪の狙いです。絶対に許せません。派遣法撤廃、非正規職撤廃のために団結して闘おう!

★長時間・過労死なくそう!
 青年の過労死・過労自殺が増えています。労働者を非正規職化し、低賃金に落とし込め、死ぬまで働かせること、原発再稼動と福島をはじめとする被曝強制、そして改憲と戦争への突進を「成長戦略」とする安倍政権を打倒しよう!
 この「生きられない」現実の出発点は27年前の国鉄分割・民営化です。国鉄闘争を基軸に春闘を闘い、青年を先頭に職場の団結、闘う労働組合をつくりあげよう!

★何がアベノミクスだ! 生きさせろの闘いを!

 一部大企業で小額の賃金引上げがありましたが、中小や非正規職労働者には縁のない話です。4月1日から消費税が上がり、アベノミクスで格差は拡がるばかりです。労働組合の団結の力で生きさせろの闘いをまきおこそう!(裏へ)

◎労働運動の団結の力で福島切捨て・原発再稼動阻止!

★3・11反原発福島行動が大高揚!

 3月11日、鎮魂と怒りの行動の日として福島県郡山市総合体育館に全世界から1100人が結集し、福島の怒りと結んで、福島の切捨てと闘い、すべてを奪い返していくために闘うことを誓い合いました。

★原発再稼動は絶対に認められない!
 
 原子力委員会は、九州川内原発1,2号機(鹿児島県)の既成基準の適合審査を優先して進めることを決めました。絶対に許せません!

★甲状腺がんは「事故と無関係」の大うそを許すな!

 福島県の県民健康管理調査で、2月7日に33人が甲状腺がん、疑いも含めると75人と発表されました。小児甲状腺がんは100万人に一人と言われています。検査を受けた27万人のうち33人、疑いを含めると75人というのは飛びぬけた発症率です。
 国や福島県立医大は福島原発事故とは考えられないと言っています。甲状腺がんを発症する子どもたちが増えだし、それが90年、91年から桁違いに増えていったのです。
 福島原発事故から3年目の今、甲状腺がん及び、疑いの子どもが75人も出ているのは恐るべき事態なのです。

★20キロ圏内避難指示解除を許すな!

 安倍政権は、2月23日、福島県田村市都路地区に設定されている避難指示を4月1日に解除することを決めました。
 これは福島第一原発から20キロ圏内の初めての避難指示解除です。年間被ばく線量20ミリシーベルトという高放射能地域へ福島県民の帰還を強要し、被曝を強制するものです。

★福島と共に生きるふくしま共同診療所

 ふくしま共同診療所は「避難」「保養」「医療」の3大原則を掲げて、内部被曝と福島切捨てに対して、国と県と真っ向から闘っています。

★労働組合の力で被曝労働拒否、原発即時廃炉へ!

 国鉄水戸動力車労働組合と国鉄労働組合郡山工場支部は被曝労働拒否の闘いを労働組合の団結の力で闘っています。国とJRは「復興」キャンペーンのために子どもの乗せて被曝させるポケモン列車の運行を強行しました。
 動労水戸は運行を阻止するためにストライキで闘いました。
 労働組合の団結の力で闘えば、被曝労働を阻止し、原発を即時廃炉にすることができます。闘う労働組合をつくろう!

日本郵便株式会社近畿支社に申入れ行動(3月10日)

kage

2014/03/17 (Mon)

                   申 入 書

                                    2014年 3月10日
                     


日本郵便株式会社近畿支社 支社長 安村幸夫 殿



                          高槻市登町60-31-4F
 
                           大阪北部ユニオン
                           執行委員長 萬野 清
                        

 貴社高槻北郵便局所属のS組合員は、2011年10月23日、業務中の局内において発生した労災事故で負傷し、現在も休職を余儀なくされている。労災事故発生以後、S組合員と当組合は、労災事故の責任が高槻北郵便局にあることを認めてS組合員に謝罪すること、事故前の労働条件で、S組合員が就労可能な仕事を保障すること、等を求めて高槻北郵便局と交渉を重ねてきた。
 しかし、高槻北郵便当局は、時には白を黒と言いなし、時には居直りを決め込むなど、誠実で真摯な姿勢とは全く言い難い、絶対に認めることができない対応に終始している。そして団体交渉の場で当局が「近畿支社の指示、指導」と明言しているように、根本的責任が近畿支社にあることはあきらかである。当組合は、近畿支社に断固抗議し、誠意をもって交渉に臨むように高槻北郵便局を指導することを強く要求する。
 さらに交渉の過程で、複数の高槻北郵便局管理職が、以下に記すような、社会的にも重大問題となるような、絶対に許すことができない暴言繰り返し発していることが明らかとなった。近畿支社が、高槻北郵便局管理職による暴言について調査し、その撤回と謝罪を、文書でもって当組合に行うことを要求する。

                          記

一、永森集配部長(発言当時は集配課長)が、ある非正規の労働者に対して、「あんな組合(=大阪北部ユニオン) に関わっていたら、他に行っても仕事ができなくなるぞ」と発言したこと。「組合敵視」「団結破壊」の重大な不 当労働行為発言である。 

一、日野総務部長が、電話で会話中のS組合員に対して「俺を誰やと思っているんや、総務部長やぞ。たかが非正規 の分際で」と言い放ったこと。郵便局で生きるために働く労働者を非正規というだけで人間扱いしないとんでもな い暴言である。

                                           以上    

3・11反原発福島行動 ’14に参加しよう!

kage

2014/03/03 (Mon)

★あきらめらるか 忘れられるか 福島の怒りはおさまらない

★福島切捨て許さない 全原発廃炉!

◎日時:2014年 3月11日(火)13時開場 ※入場無料 14時開会 16時15分デモ出発

◎会場:郡山市総合体育会館(福島県郡山市豊田町3-10)

◎主催:3・11反原発福島行動実行委員会
   メール fukushimaaction@gmail.com blog http://fukushimaaction.blog.fc2.com

※郡山市及び会場周辺は、線量の高いところです。子ども、妊婦さんのデモへの参加はお勧めできません。放射線防護は、各自でお願いいたします。