FC2ブログ
2013 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 02

東京都知事候補・鈴木たつお(無所属 弁護士)さんを推薦し、支持を訴えます。

kage

2014/01/29 (Wed)

★鈴木たつお候補の主張

改憲・戦争・人権侵害を許さない!

一千万人の怒りでアベ倒そう!

●戦争させない
 
 秘密保護法は廃止。都教委「10・23通達」撤回。辺野古新基地建設反対。

●被曝させない

 福島切捨て、原発再稼動反対。全原発廃炉。被曝労働の強制をゆるさない。国と東電に福島原発事故・放射能汚染の全責任を取らせる。

●貧困・過労死ゆるさない

 都営交通24時間化と、自治体丸ごと委託・民営化に反対。解雇自由と長時間労働の「国家戦略特区」は中止。労働者派遣法改悪反対・非正規職撤廃。消費税反対。医療・福祉・保育を充実させ、民衆が生きられる街を。

●だからオリンピックはやらない

 原発再稼動を前提とする東京オリンピックは中止。巨額の税金をつぎ込む新国立競技場建設を中止し、高齢者・貧困・被災者対策に。オリンピック利権にむらがる金権腐敗をゆるさない。

●弾圧と闘う

 室内会場への盗聴拡大をゆるさない。「現代の赤紙」裁判員制度はいらない。「司法改革」反対。無実の星野文昭さんを取り戻そう。

★鈴木たつお候補のホームページ(http://suzutatsu.main.jp)

 

2・2橋下打倒集会に参加しよう!(建設局で働く労働者のアピール)

kage

2014/01/28 (Tue)

●私たちと共に声をあげ、闘う組合をつくりだそう!

 闘う労働組合の持っている力は、はかりしれません。国鉄分割・民営化と真正面から闘ってきた数百名の国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)は、民営化による解雇撤回訴訟において、ついに不当労働行為を認定させ、JR東日本による全面外注化を阻止してきました。

 安倍政権は昨年来、秘密保護法を強行成立させ、沖縄・辺野古基地建設、靖国参拝へと突き進んでいます。この資本主義社会そのものがもはや労働者を生きさせることも、食わせることもできなくなっています。
 職場で今始まっているめちゃくちゃな現実は始まりにすぎません。建設局における最大の焦点は下水道経営形態変更との闘いです。これはまるごと外注化・民営化攻撃であり、解雇攻撃です。そのことをみようとしていないのは今の執行部だけです。全員解雇攻撃に対して、絶対反対で、ストライキで闘う方針をうちたてましょう。

2・2橋下打倒集会に参加しよう!(集会の案内)

kage

2014/01/27 (Mon)

●民営化・外注化絶対反対! 非正規職撤廃! 処分撤回!

●首切り自由の安倍政権打倒!

●過労死・長時間労働・賃下げ許すな!

●闘う春闘をとりもどそう!

橋下市長が就任して2年、現場の労働者は怒り、闘い、橋下市長との力関係を転換させてきました。闘う労働組合が旗を立てたとき、橋下市長の進める民営化や非正規職化はすべて打ち砕くことができるのです。
 長時間残業のまん延、分限免職や処分の脅し、非正規職化、民営化・外注化。橋下市長がボロボロになっても攻撃がまかり通ろうとしているのは、これまでの労働組合に闘う方針がなく、当局と一体化しているからです。労働組合のあり方を変えるため、ともに立ち上がりましょう。

《日時》2月2日(日)午後2時開始

《会場》大阪市・中央会館ホール(地下鉄堺筋線・長堀橋駅徒歩10分)

《主催》橋下打倒実行委員会

《連絡先》〒557-0001 大阪市西成区山王1-1-10-807 tel&fax 06-7503-7232

メール unite916go@yafoo.co.jp

 

1・26NAZEN関西学習会に参加しよう!

kage

2014/01/24 (Fri)

●被曝労働拒否! 内部被曝を強制するな! 福島棄民化政策を許さないぞ!

●JR常磐線・竜田延伸反対! ストライキで闘おう!

●2・23いわき集会、3・11郡山集会に結集しよう!

《講演》福島の現状を訴える

★渡辺馨さん

 福島共同診療所建設委員会事務局長。NTT労働者。福島労組交流センター代表。労働運動のリーダーとして福島の現 実と日々闘っている。

★杉井吉彦さ

 福島共同診療所協力医師。現地で診療にあたる一方、放射線による子どもたちの健康被害を全国で訴えて回る。

《日時》1月26日(日)午後3時 

《会場》弁天町市民学習センター講堂(JR弁天町駅前) 

(連絡先)大阪市西成区山王1-1-10-807 ℡&fax 06-7503-7232

労働組合の力で戦争と改憲の安倍政権を倒そう!(13年12月22日付けビラ)

kage

2014/01/22 (Wed)

 安倍政権は特定秘密保「す護法を強行採決しました。特定秘密保護法は国家安全保障会議法案(日本版NSC)と一体の戦争法です。
 政府は一方で特定秘密保護法で行政の長が一方的に秘密事項を指定し、労働者人民が秘密事項を暴いたり、知ろうとしたら、重罰を加え、他方で盗聴や通信傍受、スパイ活動や謀略などの犯罪行為を国家安全保障会議のもとで行おうとしています。
 12月18日の新聞報道で安倍政権は自衛隊をさらに実践的な侵略軍隊とするために米海兵隊をモデルにした「水陸機動部隊」を新設し、水陸両用車両52両、迅速に侵略軍隊を輸送するオスプレイ17機などの導入を策定しました。
 3労組声明に賛同され、共に闘うことを訴えます。労働者の団結で戦争の道を打ち砕きましょう! 職場に闘う労働組合を作り、労働組合の力で戦争と改憲に突き進む安倍政権を打倒しましょう!

●もんじゅを廃炉へ!千人が現地集会とデモ!

 12月7日、福井県、敦賀市で開催された「もんじゅを廃炉へ! 全国集会」に参加しました。
 原子力発電所という形態をとった「もんじゅ」は核爆弾を生産するためのプルトニュウムをつくります。もんじゅは水と接触すると爆発するナトリウムを原子炉冷却剤としており、ナトリウムがもれるような事故がおきたなら、水を注入して冷やすことができない、大変危険なものです。一刻も早く廃炉にしなければなりません。
 事故が起きた福島原発では被曝労働を強制されています。被曝労働なしに成り立たないもんじゅをはじめ、すべての原発を廃炉にしましょう!

(裏面)
★団結を拡大して必ず勝利するぞ!

●派遣会社ヒロの賃金不払いを追及していこう!

 京都に本社がある派遣会社ヒロは、A組合員に対して、不払い賃金20万円余を即刻支払え!組合はこの2年間、派遣会社ヒロと団交を積み重ね、賃金不払いをトコトン追及してきました。
 これまで組合は派遣会社ヒロによる労働基準法違反や最低賃金法違反の事実を暴き出し、謝罪させました。さらに11月の団交で、ヒロによる派遣法違反の事実を暴き出しました。それはヒロが“派遣先に派遣した労働者がどこでどのような働かせ方をしているのか全く掌握していない”という事実です。それは労働者を煮て食おうと焼いて食おうとどうぞお好きにお使いください」ということです。これが派遣法の実態です。
 労働者派遣法は労働者に強労働、低賃金、賃金不払い、派遣きり=解雇などを強制しています。このような法律は直ちに撤廃する以外にありません。

●日本郵便高槻北郵便局はBさんの労災事故の責任を取れ!

 年末繁忙期に入っている全国の郵政職場において「自爆営業」のすさまじい実態が明らかになっています。労働者に何千枚もの年賀はがきの販売ノルマを課したり、また色々な「ゆうパック商品」を買わせるというものです。
 高槻北郵便局においても激しいスキルダウンとパワハラ、始末書の強制が行われており、職場には怒りが渦巻いています。
 特筆すべきは、高槻北郵便局の日野総務部長が労災事故の責任を追及して闘っている労働者に対して「たかが非正規の分際で」と言い放ちました。「たかが」とは何たる言い草だ!非正規労働者を人間扱いしない暴言は全体に許せません!
 ある職場では「要員が絶対的に足りない」「年休を一日も取ったことがない。昼休みも仕事。管理者はお昼に休んでいる」と怒りの声が上がっています。
 この現実に対して職場で労働者が団結して声を上げていきましょう。大阪北部ユニオンに結集して共に闘ってゆきましょう!

●鳳産業解雇撤回闘争で勝利かちとる!

 鳳産業の団交拒否と支配介入の不当労働行為追及の大阪府労働委員会闘争と大阪地裁において、地位保全・賃金仮払いの仮処分闘争を闘ってきました。解雇撤回・謝罪させ、解決金を支払わせました。
 12年9月、高槻クリーンセンターが発注元である競争入札で落札できなかった鳳産業が、わずか6日後に12人の労働者全員を解雇したのです。組合は直ちに解雇の撤回を求めてビラまきや団体交渉、ストライキで闘いました。
 組合は高槻市に対して団体交渉を申し入れました。高槻市は「当事者ではない」と団交を拒否しました。高槻市が実施した競走入札でトコロテン式に、そこで働いていた労働者を追い出して首にし、知らぬふりをするのは絶対に許せない。
 このような高槻市のやり方は国鉄分割・民営化以来、全国の自治体で行われている民営化・外注化・非正規職化攻撃と一体のものです。民営化・外注化・非正規職化絶対反対!労働組合の団結の力で闘ってゆきましょう!
 

闘う労働組合を全国の職場に!(11月24日付けビラ)

kage

2014/01/14 (Tue)

●11・3労働者集会に5600人が結集!

 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部・全国金属機械労働組合港合同・国鉄千葉動力車労働組合の3組合が呼びかけた11・3全国労働者総決起集会は、5600人の結集をかちとりました。集会は、国鉄分割・民営化に対して26年間不屈に闘っている国鉄1047名解雇撤回闘争に勝利し、労働者の団結の力で新自由主義を打ち倒すことを決意しました。
 9・25東京高裁判決で難破裁判長も認めざるをえなかったように、国鉄1047名の解雇は国家的不当労働行為です。「追い出し部屋」「解雇自由」「派遣」等々、今日の社会の出発点が国鉄分割民営化だったのです。最高裁にむけた解雇撤回の新たな10万人署名を集めよう。
 労働組合がしっかりと団結し、資本と国家権力の攻撃に真っ向から立ち向かっていたのなら、国鉄分割民営化は阻止できたのです。
 今こそ、全国の職場に闘う労働組合をつくり、労働者の団結した力で資本と闘い、労働者の権利と生活を勝ち取りましょう。外注化と民営化を阻止し、非正規職撤廃へ闘いましょう。

●国際的団結深まる!


 集会は、国際連帯集会として闘われました。韓国から民主労総の労働者が大挙、集会に参加しました。韓国においても、大統領になったパククネは民主労総傘下の全教組に対して、解雇者を含む組合は認めないという組合つぶしをかけています。民主労総はあくまでも解雇者と共に闘うのが労働組合であることを鮮明にさせ、パククネ打倒へ新たな闘いに突入することが訴えられました。
 またドイツからベルリン市鉄道民営化反対行動委員会、ドイツ機関士労組の組合員が「世界の労働者・住民の団結強化」を訴えました。労働者には国境はありません。民営化・労組破壊に万国の労働者は団結して闘おう。

●「憲法改悪反対労組声明」を提案!

 動労千葉、関西生コン支部、港合同の3組合は、「憲法改悪反対労組声明」を提案し、港合同から「本日より、あらゆる労働組合に分け入って、この声明を広げて欲しいと思います。憲法改悪反対の声を、労働者のあらゆる怒りの声と結びつけて闘おうではありませんか」と呼びかけられました。
 安倍政権は臨時国会で11月中にも「特定秘密保護法案」の国会通過を強行しようとしています。安倍や行政の長が秘密事項を一方的に指定し、労働者・人民が、その秘密事項を暴いたり、知ろうとしたら罰を加えるという悪法を成立させようとしています。
 職場に闘う労働組合を作り、労働組合の団結の力で、戦争と改憲に突き進む安倍政権を打倒しましょう。

(裏面)

◎団結を拡大して、必ず勝利するぞ!

●派遣会社ヒロは、不払い賃金を支払え!

 大阪北部ユニオンは、この2年間、京都に本社がある派遣会社ヒロ・スタッフエージェンシーに対して「A組合員に対する不払い賃金20万円余りを即刻支払え!」と、賃金不払いを弾劾し、団交を積み重ね、、また街頭で訴えるなどトコトン追及してきました。
 この中で、派遣会社ヒロが労働基準法や最低賃金法違反を行っていたことを暴き、謝罪させました。ヒロは当初、このことを「単なる事務的ミス」と居直ろうとしました。法律も無視して労働者をモノのようにこき使い、あげくに「お前が勝手に働いた」「わが社が独自に調査したので、組合の要求は認められない」と言いなして賃金不払いを居直る派遣会社ヒロは絶対に許せません。
 「低賃金」「賃金不払い」「派遣切り=首切り自由」等々、派遣労働が大きな社会問題となり、「日雇い派遣の禁止」が国会で論議されるまでになっています。労働者派遣法そのものに根本原因があり、こんな法律は撤廃する以外にありません。
 大阪北部ユニオンは、派遣会社ヒロの居直りを許さず、A組合員に対する不払い賃金を支払わせます。
 派遣で働いている労働者のみなさん。派遣元・派遣先の不当な扱いに怒り、悩んでいませんか?私たち大阪北部ユニオンに遠慮なく声をかけてください。団結し、共に立ち上がりましょう。

●高槻北郵便局はS組合員の労災事故の責任をとれ!

 11月17日付け『朝日新聞』が1面で大きく報道したように、全国の郵政職場において「自爆営業」の恐るべき実態が明らかになっています。「年賀はがきノルマ一万枚」が強制され、「売れない局員、自腹・転売も」「上司から『給料泥棒』」「非正規社員は『売らねば首か』」と郵政労働者は徹底的に追い詰められて、うつ病を発症する事態が多発しています。
 高槻北郵便局においても、とりわけ非正規労働者に対する強労働の強制、スキルダウンとパワハラ、始末書の強制が激しく行われています。
 特筆すべきは、高槻北郵便局の日野総務部長が、労災事故の責任を追及して闘っている非正規労働者に対して、「たかが非正規の分際で」と言い放ったことです。こんな言い方は絶対に許せません!
 慢性的な人手不足の中で、汗水流して働いている非正規労働者をぼろくずのように扱い、「命よりも金」と言わんばかりに、自らの責任を不問にして、現場労働者責任を転嫁する、これが高槻北郵便局の実態です。
 大阪北部ユニオンは、今後も郵政職場で働く労働者と団結して闘っていきます。