2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

デリカで働く皆さん!8月18日(金)第二回団体交渉をやります!

kage

2017/08/17 (Thu)

☆組合の要求は、スライサー現場連続事故の、事実経過と原因の明確化、対策の早急な実施です。

☆これまで、会社になかなか言えなかったこと、聞きたいことなど、多々あると思います。事故なく、安全に働ける職場に変えていくために、ドンドン声を上げていきましょう。

☆事故問題・安全問題についての思いや疑問など、どんなことでも大歓迎です。萬野に持ってきてください!

☆第二回団体交渉に集まろう!
●8月18日(金)17時から。
●大阪デリカフーズ茨木工場会議室にて。
●誰でも参加できます! 参加待っています!

労働組合をつくり団結して闘おう!

kage

2017/08/14 (Mon)

★労働者の命と生活を守るのは労働組合だ!

●大阪デリカフーズに労働組合できる! 第一回団体交渉勝ち取る!
 茨木市中央市場にある大阪デリカフーズに労働組合ができた。組合がなにもないところに労働組合ができた。
  7月27日に第一回団体交渉を行った。組 いってきた合は「組合活動の権利と自由を認めること」を要求したところ、。「会社は憲法と法令を守いるが、組合は就業規則を守ってくれ」と言ってきた。組合は「修行規則を守ることを条件とすることは断じて認められない」と返した。
 就業条件を守ることを条件とすることは団結破壊であり、組合潰しだ。組合を作れば会社と闘える。

●労働者の怒りで残業代ゼロ法案容認を撤回、労働法制改悪阻止!
 7月27日の連合中央執行委員会で」「残業代ゼロ法案」容認の撤回を決定した。労働者の怒りで安倍の手先と化した逢見直人事務局長ら連合指導部の目論見を粉砕したことは、安倍と日本経団連に打撃を与えた。
 今秋、臨時国会で安倍政権は改憲と一体で「働き方改革」=労働者の最低限の権利を守る労働基準法などの労働法を解体し、資本が労働者を自由に搾取し、解雇できる社会にしようという攻撃だ。労働法改悪を阻止しよう!

●オリンピックのために青年が殺された。
 東京オリンピックの競技会場となる新国立競技場の建設にあたっていた青年労働者(23歳)が過労自殺に追い込まれた。
 青年労働者は3月2日、会社に「今日は欠勤する」と電話した後、行方がわからなくなり、4月15日に長野県で自殺した状態で発見された。

 青年の残業時間は1月、143時間、2月は211時間56分、昨年12月は94時間だった。過労死ラインとされる月80時間をはるかに超えていたのだ。殺したのは安倍と小池だ。たかがオリンピックのために青年の命が奪われた。電通の高橋まつりさんが過労自殺してまもない。
 過労自殺に追い込むような職場をなくすために職場に労働組合をつくろう。労働組合こそ労働者の未来と希望だ。職場に組合をつくり、命と生活を守ろう。大阪北部ユニオンに入り、共に闘おう。

★国際連帯とゼネストで戦争をとめよう!
●主犯は安倍だ!
 安倍内閣の支持率が急落している。防衛大臣を辞職した稲田は「日報隠し」について認めもしないし、なんで辞めたかについても言っていない。内閣改造は安倍による森友、加計隠しであり、南スーダンの「日報」隠しだ。主犯は安倍だ!こんな腐れ切った連中に労働者人民の未来を任せることはできない。

●切迫する朝鮮戦争!
 史上最大規模で強行された3~4月の米韓合同演習終了後、米太平洋軍は原子力空母「ロナルド・レーガン」「カールビンソン」の2隻体制を5月から敷いている。
 韓国大統領ムンはトランプとの会談で米韓合同軍事演習の重要性を確認し、サード(高高度防衛システム)についてご「配備決定を反故(ほご)にしない」と表明した。
 来年4月に日本版海兵隊=「水陸起動部隊」創設に向けて、米軍と自衛隊は共同訓あん練を重ねている。反労働者的な北朝鮮のミサイル発射実験を口実にいつでも朝鮮侵略戦争が起きる情勢だ。

●改憲狙う安倍
 安倍は朝鮮侵略戦争情勢の下で、来年末の衆議院の任期切れを控え「改憲勢力3分の2」が国会で維持されてる間に改憲案を提出、発議にこぎつけ、その閉会後に衆院解散と改憲国民投票を(場合によっては同時に)強行することを狙っている。
 都議選の敗北と安倍内閣の支持率の急落で「(改憲は)スケジュールありきではない」と言っているが、戦争法や共謀罪の強行成立を見ても改憲を強行してくることは明らかだ。
 今秋、臨時国会で改憲と一体で労働法制の改悪をやろうとしている。労働者の団結を破壊し、闘う労働組合をつぶすことなしに戦争はできない。

●動労総連合を軸に闘う労働組合をつくり、ゼネストで改憲を阻止しよう!
 国鉄分割・民営化を強行した時の首相・中曽根は「国鉄分割・民営化で国鉄労働組合を解体し、社会党・総評(労働組合のナショナルセンター)をつぶし、新しい憲法を床の間に安置する」と言った。国鉄分割・民営化は20万人の国鉄労働者を職場から追放し、200人の国鉄労働者を自殺nに追い込んだ国家的不働行為の嵐で日本の労働運動を絶滅させ、戦争に突入する戦後史を画する大攻撃であった。動労千葉(JRの闘う労働組合)は国鉄分割・民営化に対して2波のストライキで闘い、40名の解雇者を出しながら、団結を維持し、闘う労働運動を発展させてきた。
 その闘いは韓国民主労総を初め、世界の労働者との国際連帯を発展させている。
 韓国民主労総のゼネストは韓国民衆の総決起につながり、パク・クネを倒し、監獄にぶちこんだ。
 動労総連合(JRの闘う労働組合)を軸に労働組合をつくり、国際連帯とゼネストで戦争と改憲に突き進む安倍を打倒し、監獄にぶちこもうへ

※8・6ヒロシマ「安倍帰れ」「安倍を監獄へ」のコールひびきわたる!
!月6日、原爆ドーム前で、労働組合を中心に全国から結集した労働者・学生は「ヒロシマ・ナガサキを繰り返すな!安倍は帰れ!安倍を監獄へ」の集会デモを勝ち取った。
 韓国・星州からサード(高高度ミサイル防衛システム)反対の民主労総の労働者が共に、朝鮮戦争阻止しようと発言した。昼から大集会を行い、市内デモに打って出て広島市民と合流した。

デリカで働く皆さん!第一回団体交(7月27日)をやりました。

kage

2017/08/07 (Mon)

 組合は【労働組みあの権利と自由】の確認を求めました。
 会社は「憲法と法令は遵守するでよろしいのでは」といって承認しました。

 しかし、会社は「就業規則は守ってもらいますよ」と何度も繰り返しました。
 皆さん!これって一体何なのでしょうか?
 「憲法と法令を遵守する」というなら、組合活動の権利と自由を認めるのは当たり前ではないですか。就業規則をたてに、組合活動を禁止することはできません。

 皆さん!ついに風穴を開けました!これからドンドン皆で声を上げ、会社にものを言っていきましょう。
 会社の労働組合軽視に抗議し、追及していきましょう。
 次回、団交で事故問題・安全問題を追及していきます。皆さんの思いと意見を組合に寄せてください。
                                                               2017年 7月31日

大阪デリカフーズに労働組合ができました!

kage

2017/08/07 (Mon)

 デリカで働く皆さん!スライサーで働いている萬野です。
 事故がなく、安全に働ける職場に変えていくために組合を作りました。
 7月27日(木)に団交やります。皆さん集まってください!

 スライサー現場では、最近、重大事故が連続して起きています。私は、安全がないがしろにされている現状に黙っていられないのです。
 皆さん!事故のことや職場のことについて思っていること、言いたいことが多々あると思います。その思いを組合に寄せてください。一緒に声を上げていきましょう!
 私は、労働組合の役割は、労働者の命と安全を守ることだと思っています。労働組合に団結して、安心して働き、生活できる労働環境を作っていきましょう。

 団体交渉は7月27日(木)17時から、大阪デリカフーズ茨木工場会議室で行います。誰でも参加できます。多くの仲間の参加を待っています。                                2017年7月25日

7・2投票の都議会議員選挙決戦に総決起を!

kage

2017/06/29 (Thu)

全国協ニュース第127号(2017年6月26日)

7・2投票の都議会議員選挙決戦に総力決起を!
東京西部ユニオン副委員長・北島くにひこさんの当選を勝ち取ろう!
 6月21日、議事堂レストラン解雇撤回闘争の不当労働行為救済申立書を東京都労働委員会に提出した。同日東京都小池知事に対して団体交渉の申し入れを行い、都庁記者クラブで記者会見を開いた。小池との全面激突の闘いが始まった
 小池は6月20日に緊急の記者会見を開催し、市場の豊洲移転強行を発表した。許しがたいことは「築地を守る」と言いながら環状2号線を築地に開通させ、東京オリンピックの駐車場にしてしまうという最初からの方針を打ち出しながら、オリンピックが終わった後の2022年に築地を再整備して豊洲と築地の二つの市場を併用にしていく案を発表した。しかし誰がこんな出鱈目な提案を信じるというのか? 築地を更地にして現在築地市場で働いている業者や労働者をたたき出すための豊洲移転でしかない。更地にして駐車場にした後の5年後に築地市場を新たに作るわけがない。財源も何も示されていない。わかっていることは豊洲に移転したら90億円を超える赤字が毎年累積していき、11市場全部が民営化されるということだ。小池は市場そのものを解体、民営化しようとしている。そういう丸ごと民営化の攻撃として豊洲市場移転を強行し、本丸の都営交通民営化を行おうと言うのだ。しかし、築地の業者、労働者の怒りは激しく深い。現実問題として築地で働いて生きていく以外に選択肢がない労働者が沢山いるのだ。豊洲移転絶対反対の闘いはこれからだ。戦争と丸ごと民営化を絶対に許さない闘いを組織することは可能だ。日本共産党は「小池さんありがとう」と言い続け、小池の「市場戦略本部」が出した非現実的な築地再整備案が可能であるかのように宣伝し、小池にすがり続けてきた。日本共産党はいまだに小池を批判できない。豊洲移転絶対反対! 東京オリンピックはやめろ! 都営交通民営化絶対阻止! を掲げて合同・一般労働組合全国協議会の旗を築地に打ち立てよう!
 都議会議員選挙は小池の東京都丸ごと民営化攻撃と闘い労組拠点を建設する闘いである。その基軸が動労東京八潮支部の闘いであり、都営交通民営化阻止の東交をめぐる闘いである。この二つの拠点建設の中心環に位置するのが「TOKYO都庁議事堂レストラン解雇撤回闘争」だ。  東京都は議事堂レストランを業務委託し、「株式会社はなまる」は2人の正社員、40人の非正規労働者を雇用して莫大な利益を上げてきた。2014年に「ライオン」との競争入札に勝つために「はなまる」が安く落札し、議事堂レストランで営業してきた。今回の闘いで明らかになったことは「はなまる」は雇用期限の異なる二つの雇用契約書を用意して、柿沼さんを欺いて、雇用期限が過ぎた以降も自動更新して働けると期待を持たせて、3・31都庁包囲デモ、4・1の浪江闘争に対する報復として解雇を行ってきたのだ。絶対に許しがたい。全国協の総力をあげて闘いぬこう!