2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

狭山事件は権力犯罪だ!石川一雄さんの再審無罪を!5・21全関西狭山集会へ

kage

2017/05/14 (Sun)

●昨年、弁護団が新証拠提出
 非破壊検査の専門家=下山進鑑定である。被害者の持ち物とされ、石川一雄さん宅への三度目mの家宅捜査で鴨居(かもい)から発見された万年筆が、実は被害者のものではないと証明された。警察・検察が50年間も出し渋っていた被害者のインク瓶が4年前に開示されてインクの種類が「ジェットブルー」という商品であると特定。これまでインク色違いを確定判決で のけいさつは被害者が郵便局で入れた可能性がある」と強弁してきた。しかし、下山鑑定は、違うインクに入れ替えた場合でも前に入っていたインクの成分は残ると明らかにした。だが、警察の荏原鑑定ではジェットブルーの成分など検出されていない。偽物だったのだ。「犯人しか知りえないところから発見されたから石川氏は犯人だ」という万年筆発見の筋書きは完全に崩れた。

●全国水平同盟が新たな闘い
 2月2日に東京高裁包囲デモ。石川さん再審無罪へ闘う戦闘宣言をした。この数年、八尾市西郡住宅追い出し反対闘争に続き、高槻市の植木団地闘争、京都市の崇仁・東三条の住宅闘争へと団結を拡大してきた。戦争に向けて、労働者を分断する攻撃が強まり、連合や部落解放同盟の屈服・腐敗にもかかわらず、生きんがための労働者の団結であらゆる差別を打ち砕くことができる情勢に入っている。

●戦争と差別は一体のもの!

 いま北朝鮮への戦争が米日韓によって仕掛けられようとしている。国や資本家は生き残るため、労働者同士を殺し合わせようと必死だ。しかし、労働者が国境を越えて団結するならば戦争はできない。だから労働者をバラバラに分断していく。部落差別をはじめ、あらゆる差別が国家権力によって持ち込まれる原因はそこにある。しかし、労働者には差別によって得られるものはない。労働者は団結する中で差別を乗り越える力を持っている。国や、謀罪や差別扇動で戦争に突き進むしかない。韓国や北朝鮮やアメリカの労働者と団結して共に闘おう!

※狭山事件とは~
 1963年5月に埼玉県狭山市で女子高生誘拐・殺人事件で身代金を取りに来た犯人に逃げられた失態を隠すために被部落出身の石川さんを犯人にでっち上げた権力犯罪である。時代は60年安保闘争から1970年に向けて労働運動や反戦運動が盛り上がっていく過程で、警察の失態⇒政権崩壊の危機に。国としては支配体制維持のため、あえて部落差別を煽って労働者の中に分断のくさびを打ち込む狙いがあった。

5・21全関西狭山集会に集まろう!

kage

2017/05/05 (Fri)

★狭山事件は権力犯罪だ!
★石川一雄さんの再審無罪を!

●部落差別政策を使った労働者階級の分断攻撃粉砕!
 部落差別は国家・資本によって作られたものです。労働者階級の分断攻撃を今こそ打ち破り、労働者の総決起で石川さんへの権力犯罪を弾劾しましょう。狭山事件は、労働者階級の分断攻撃を打ち破った60年70年の闘いに、国家権力が死の恐怖に追い詰められたゆえの権力犯罪です。
 昨年提出された下山鑑定は、「有罪」の決め手とされていた証拠である「被害者の万年筆」のインクを分析し、この万年筆は被害者のものではなく、警察・検察・裁判所によってねつ造されたものであることを完全に明らかにしました。今こそ労働者の総決起で石川さんへの権力犯罪を弾劾し、労働者階級の社会を作る時です!
 5・21全関西狭山集会に集まり、職場や地域に労働者の巨万の決起を作り出しましょう!
 5・21全関西狭山集会に結集し、安倍政権の戦争政策を粉砕しましょう!そして、全国水平同盟に結集し、帝国主義を打倒する部落解放闘争の号砲を植木団地から打ち鳴らしましょう!

●分断には団結を! 植木団地と共に闘おう!
 新自由主義が音を立てて崩壊する中で、全世界の労働者がゼネストと革命に起ちあがっています。日本でも国鉄闘争を軸に労働者の荒々しい決起が始まっています。植木団地の「追い出し絶対反対!」の闘いは、高槻市による分断攻撃を打ち破り、団結の砦として高槻市を追い詰めています。
 「戦争か革命か」の時代だからこそ、国家権力の分断政策を根底から打ち破る、狭山闘争の登場が待ったなしに問われています。植木団地闘争と一体で狭山闘争を闘い、階級的労働運動でこの社会を変革しましょう!

●戦争・改憲の安倍倒せ!労働者の団結で革命やろう!
 朝鮮戦争が切迫する中で、韓国では民主労総のゼネストがパククネ政権を打倒しました!
 この団結した労働者階級の力に恐怖するからこそ、国家権力は部落差別を作り上げ、労働者階級を分断しようとしてきました。しかし日本の労働者階級は、60年安保闘争、70年安保・沖縄闘争を先頭に、この分断を打ち破り闘い抜いてきました。これこそ11万人もの労働者が日比谷公園
を埋め尽くした狭山闘争の姿です。
 この闘いを引き継ぎ、国家権力の分断政策を打ち破る労働者の団結で、戦争に突き進む帝国主義を打倒しましょう!

※『狭山事件』とは
性年安保、70年安保・沖縄闘争に追い詰められた国家権力があ 、労働者階級の分断のために部落青年を「殺人犯」にでっち上げた許しがたい権力犯罪事件。国家権力は、1963年5月に埼玉県狭山市で起こった女子高生殺害事件が、警察官の失態により犯人を取り逃がしたことに焦り、当時24歳の部落青年の石川一雄さんを「真犯人」にでっち上げることで、支配体制を維持しようとした。こんな権力犯罪は絶対に許せない!

■とき  5月21日(日)午後2時から
      午前11時からブース企画 午後3時からデモ!

■ところ 植木団地(高槻市バス「富田団地中央」下車、北西へ徒歩5分 柳川中学校の東隣
 
■主催 全国水平同盟 八尾市高砂町3-85-6 ℡・Fax:072-991-7729
                高槻市川添1丁目18-1(高槻支部) ℡:072-693-0056 Fax:072-693-0058

5・3植木団地闘争勝利交流集会

kage

2017/04/30 (Sun)

★植木団地を団結の砦に!

とき  5月3日(水・休日) 午後2時から
ところ 植木団地(高槻市バス「富田団地中央」下車、北西へ徒歩5分
 
★5・10裁判闘争に勝利しよう!
 次回の5・10公判は、植木団地労働組合員3人と高槻市特命チーム責任者・徳島が証人として出廷。
 高槻市の「追い出し」の不当性を徹底的に暴き、追い詰める裁判です。

 5月10日(水)午後1時30分から 大阪地裁大法廷

●主催 植木団地労働組合 全国水平同盟高槻支部

高槻市川添1丁目18-1 ℡072-693-0056 Fax072-693-0058

尼崎事故12周年弾劾!全国総決起集会

kage

2017/04/17 (Mon)

■尼崎事故弾劾!反合理化・運転保安闘争で闘おう!
■1047名解雇撤回! 「第三の国鉄分割・民営化」許すな!
■米日韓による朝鮮半島への戦争を国際連帯で阻止しよう!

●4月23日(日)午後1時開始 JR尼崎駅北口広場
よびかけ 国鉄千葉動力車労働組合 国鉄闘争全国運動・関西
  連絡先 全国金属機械労働組合・港合同 大阪市港区市岡3-6-26 ℡ 06-6583-4858 Fax 06-6583-4600

★第二の国鉄分割民営化=「水平分業」=分社化・総非正規化許すな!
業」と称する全面分社化・総非正規化攻撃です。
 JR東日本は、100を超える分社をつくり、現場労働者の全てを強制出向し、さらに転籍させようというのです。これは、戦後労働法制解体攻撃でもあります。労働者を「煮て食おうが焼いて食おうが自由」の社会にしようというのです。

★尼崎事故を繰り返すな!JRの安全破壊を許さないぞ!
 鉄道事業における「水平分業」は100%偽装請負であり違法行為です。JRはこれを意識しているが故に、丸投げ外注化、分社化で乗り切ろうとしています。これは、JR本体がまったく指揮命令をすることをしないし、責任をとろうとしません。
 指揮命令がバラバラな線路での労働や作業は、安全の崩壊と事故の続発を生み出しています。JR北海道の姿は明日のJR体制全体の姿です。

★第二の分割民営化は粉砕できる!
 国鉄分割民営化に唯一ストライキで闘い、団結を守り抜いてJR体制に乗り込んだ動労千葉は、合理化・外注化と非和解で闘い抜いて外注化・非正規化を2012年まで実力阻止してきました。
 さらに2012年10月に強行した強制出向に対し、出向無効裁判と、非正規職労働者との団結を職場闘争でつくりあげてきたのです。正規・非正規の階級的団結で分断・労組破壊を打ち破り、団結を拡大させています。
 動労千葉を先頭とする動労総連合は、「3・4ダイヤ改正阻止、転籍粉砕」を掲げ、3・3~4全国統一ストライキで列車と止める闘いを打ち抜いたのです。
 すべてを水平分業に叩き込み、非正規に突き落とす攻撃に、青年労働者の怒りの決起は不可避です。
 国鉄分割民営化以来奪われてきたすべてを労働者が奪い返す情勢がきています。

★朝鮮侵略戦争阻止!韓国民主労総と連帯し、戦争をとめよう!
 韓国では3月10日、労働者民衆の力でついにパククネを罷免に追い込みました。パククネは鉄道・水道・ガスなどあらゆる公共事業の民営化を狙い、同時に労働規制撤廃で非正規化を進めてきました。就任してすぐさま鉄道ストを弾圧し、労働組合の解体へ襲い掛かってきました。
 韓国民主労総幹部を逮捕し、労働組合の解体へ襲いかかってきました。
 韓国民主労総は、ゼネストを繰り返し闘い、すべての民衆に総決起を呼びかけ、そしてついにパククネと財閥をおいつめてきました。 
 一方、米トランプ政権は、北朝鮮のミサイル発射を口実に朝鮮半島に対する戦争を決断し、韓国における労働者民衆の闘いを圧殺しようとしています。とくに、トランプ政権は韓国とともに日本の参戦を強力に求めており、安倍政権も積極的に応えようとしています絶対に阻止しなければなりません。
 動労総連合を先頭にゼネストと国際連帯で戦争をとめよう。

外登法・入管法と民族差別を撃つ4・16関西交流集会

kage

2017/04/04 (Tue)

★米日韓による朝鮮半島ー北東アジアへの戦争とめよう! 韓国民主労総と団結して闘おう!
★打ち破ろう分断! 取り戻そう団結! 世界の労働者は団結して闘おう!
★入管法・入管体制打ち破ろう! 技能実習制度・派遣法を廃止しよう!

4月16日(日) 午後1時半開会
大阪市立東成区民センター・小ホール(地下鉄「今里」駅2番出口より徒歩10分) ※集会後デモあります。
●「朝鮮戦争に反対する在日朝鮮人の会」署名アピール
●軍隊慰安婦日韓合意の破棄を要求するアピール
●韓国民衆ゼネスト・ドキュメントDVD上映
●律動『真実は沈まない』(セウォル号遺族激励ダンス)

■パククネを倒したぞ!財閥も米日政府も倒して労働者民衆の社会をつくろう!
■民主労総のようにたたかおう! 国際連帯で戦争をとめよう!

主催:外登法・入管法と民族差別を撃つ関西実行委員会
    大阪市西成区山王1-1-10-807 ℡&FAX 06-7503-7232