FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

職場の主人公は労働者だ。賃金あげろ!(デリカフーズ分会通信43号)

kage

2019/06/19 (Wed)

●デタラメずぎる会社の主張
「事故の被害者だけと損害賠償で団交する」
「第二回団交は被害者=組合員と思ったから応 じた。組合員でないなら団交しない」
「大阪北部ユニオンは『労働者の地位向上』を 目的とする団体ではない」(大阪府労働委で)

●事故は誰に降りかかるか分からない
 自分たちの職場の事なのに、「直の被害者以外は当事者ではない」って、どうかしてる。「事故を繰り返さない」ためにどうするかが大事だ。みんなの英知を集めてやればいいではないか!? なぜ事故・安全問題で労働組合をはずすのか。よほど第2回団交で安全問題が真っ向から取り上げられ、会社の不まじめな姿勢が明らかになったのが悔しいのか。職場の安全は労使が話し合って解決していくものだ。「労働者の地位向上」のための活動を妨害するな!

●生きるため労組に入って声を上げよう
 私達は会社の奴隷やモノじゃない。会社は労働者が団結して対等に向き合う事が嫌なのか。「労組=労働者の地位向上をめざす団体ではない」とのデマはその表われだ。地道にやってきた労組を否定するのはやめよ。みんなで悩み解決していくのが労組です。一緒に闘いましょう!

■判決1で「もう差別はない。部落民は甘えるな」!?
 ある日、突然出て行けと迫る高槻市に抗して、植木団地労働者は4年間闘ってきた。裁判所は退去を追認する判決を下した。内容は、4億円の賠償請求に加えて部落差別を煽るものです。
 戦争に向かう時代は、在日朝鮮・韓国人に対するヘイトスピーチや優生思想など差別の嵐になる。維新・長谷川豊の部落差別発言「えた非人は犯罪のプロ」は労働者を分断するためのもので、丸山穂高の戦争発言とワンセットだ。戦争と差別の資本主義を労働者は許さない。

■獄中44年=無実の政治犯、星野さん虐殺糾弾!
★5月30日、1971年に核基地つきの沖縄返還協定反対デモを闘った星野文昭さん(73才)が逝去した。これは自然死ではない。星野さんの不屈の闘いは、戦争・改憲にむかう政府に反対する労働者とともにあった。
 そもそも、星野さんは「警察官死亡」とは無関係で、物証は皆無だ。唯一「共犯者証言」のデッチ上げで無期懲役判決を下した。権力は無実を百も承知で、証拠を隠して再審をしないまま星野さんの肝臓がん治療を遅らせ獄死させた。闇から闇へ葬り去ろうとしたのだ。
★しかし、真実は覆い隠せない。6月3日、夫人の星野暁子さんら家族が記者会見した。星野さんの死亡は刑務所側がガンの事実を隠して治療が遅れたためであり、今夏にも東京地裁に国家賠償訴訟を起こす方針を公表した。星野さんの生きざまを知ろう。

労働者に国境はない! 一緒に闘おう!(デリカフーズ分会42号)

kage

2019/05/22 (Wed)

Cong Nahan Kohong co ranh bien gioi
Chung ta hai chien dau cung nhau

 私達は会社の奴隷やモノじゃない。会社は労働者がいて成り立っている。そこんとこ忘れてもろたら困るな―。にもかかわらず平気で労働者を搾取し、低賃金・安全崩壊・有休制限している。おかしいぞ。労働者は一人一人バラバラでは弱いが、団結すれば資本家には負けない力を持っている。声を上げよう。 
 そもそも労働者には力がある。19世紀初め16時間労働が当り前だった。しかし、児童を酷使する長時間労働は労働組合の闘いで一掃された。1917ロシア革命は世界戦争を終わらせ、8時間労働を実現した。日本でも戦前の弾圧を乗り越えた戦後革命は8時間労働をもたらした。

●賃上げをかちとろう! Hay tang luong!

■働き方改革法で過労死天国!?
★4月施行で「長時間労働の是正」「非正規の処遇改善」ではない。正規職をなくし、非正規職にするのが国や財界のねらいだ。
★「残業時間の規制」は月100時間が上限。これ自体が月平均80時間の過労死ラインを上回るものだ。
★「高度プロフェッショナル制度」は労働時間規制に抜け道を与えて、労働基準法を死文化する。高収入だからって過労死があっていいわけない。

■いらないよ!天皇制は!
A:TVにはウンザリだ。新天皇と前天皇がメシ食ったらニュースか。
B:大体、「人の上に特別な人を作る」天皇制って、差別制度じゃないの。
A:生産せんと税金で生活する奴は他におらん。皆、生きるために必死なのに。
B:「全て国民は法の下に平等で身分や門地で差別されない」が憲法14条だ。  どう見ても天皇制はアカンやろ。
A:「天皇は日本国の象徴」という憲法1条が逆におかしい。
B:「国民は天皇の下に幸福」みたいに   演出されているが、全然違う。
A:政府による世論誘導によるものだ。
B:マスコミも皇室の話には無条件でヨ   イショする。広告収入で支配され、ネット  右翼を恐れて、批判精神のカケラもない。
A:やたら安倍・麻生・菅が出しゃばっている。
  天皇とセットで政権の宣伝をしとる。
B:天皇の政治利用だな。「天皇は国政に関す  る権能を有しない」が憲法4条なのに。
A:「新しい時代だから新しい憲法を」なんて  改憲に利用しているだけだ。戦争するため  に天皇の権威にすがりつきたいんだろ。
B:どこが新時代や。忖度(ソンタク)と金まみれは  旧態依然だし。労組弾圧や辺野古強行も…。
A:令和とは「命令で和を乱させない」という  戦前みたいな発想やな。
B:愛隣地区では「俺達に関係ない。冷和や」  と怒りの声が上がった。労働者をなめるな。

労働者は一つだ! 団結しよう! 労組に入ろう!(デリカフーズ分会通信41号)

kage

2019/05/12 (Sun)

   Môt công nhân   Hãy đoàn ket lai 
Chúng ta hãy tham gia công đoàn
■賃上げ要求! Vui long tang luong
■職場の改善! Hay cai thien noi lam viec

 低賃金・安全対策・有休など問題が山とある。職場の改善のために、労使が話し合うのは当然の事だ。どこの企業も団交はやる。その中で議論の中で判断すればいいだけの話だ。ところがデリカは団交を認めず、話し合う気がない。➨大阪府労働委員会に提訴中です。団交を開け!
社の態度は、労組を敵視する財界の思惑と ぴったり合っている。JRに続くものだ。JRでは30数年の闘いが、全国の労働者の心をとらえている。「分割民営化(=労組つぶし)で憲法改正する」(中曽根元首相)という国策を止めている。職場改善の闘いは、労働者の社会をめざす闘いの中で前進するよ。

■惨々だった平成の30年 ~作られた天皇キャンペーン~
●「平成がよかった」なんてウソだ!
★自衛隊は91年湾岸戦争以来、絶え間なく中東に派遣され、現在も!
★3.11東日本大震災によって、今も福島原発のコントロールはできず、被曝線量も高い。
★正規職をなくし、ブラック企業ばかりの超格差社会だ。私らの賃金は全然上がらへんで。★防衛費が増大して、国の借金が1100兆円に。赤ちゃん含め一人当たり800万円と膨大だ。★年金は先細り、消費税10%も決定。財界には25%引上げの魂胆がある。みな生活苦やで。
●なんとも醜悪な安倍・麻生・菅のドヤ顔
 新紙幣は安倍・麻生の二人が決めた。5年後の話をなぜ今? 天皇代替わりに乗じた私物化だ。小ざかしいわ。 天皇騒ぎの背景には、「人の命より金」という資本家支配の危機がある。現実を覆い隠し、憲法改悪にむけ天皇を利用している。しかし、労働者の怒りを抑える事は出来ない。

■維新は金のためなら何でもやる
 〈福祉きりすて、資本家やりたい放題の社会〉「維新」は「二重行政解消」「大阪都構想」の名で、民営化=労組つぶしをやる。学校・病院の廃止やカジノ導入…。「学力テストによる査定」は子供たちや地域・教育を破壊するものだ。
➨超格差社会と膨大な借金漬けは間違いない! そんなこと誰が望みますか?

みんなの力で有休も賃上げも(デリカフーズ分通信40号) 

kage

2019/05/02 (Thu)

■会社の12・19回答書
「有休届は直前も事後も適宜承認」
「有休の理由は問わない」
「前年の暮れに有休とらないよう
 に指示した事実はない」

■労働基準法:有休は、6ケ月勤続で出勤率8割以上の労働者は(39条) 業種、業態や正社員、パートに関わらず与えること。
■労基法附則:利用目的で制限できない。労働者の請求は拒めない。(136) 日数を減らしたり、与えないのは違法。
         有休を取った事 に対する減給不利益な取扱いもダメ。
■最高裁の判例:有休の使い方は労働者の自由。(1973年3月)

●まとまって有休請求しませんか?
 去年暮れ労組の追及で会社は上記回答をした。これは撤回されてない。なのに、有休を断わられた仲間もいる。通知はウソなのか? 会社の「時季変更権」は絶対ではない。「労働者の有休請求は拒めない」が基本だ。労働者のことを大切にせんかい! 有休希望者は一緒に請求して連休時の有休を認めさせよう。

●賃上げは労働者の切実な要求だ
春闘シール投票は賃上げを望む声が圧倒的だった。今、軍事費のため住民生活が圧迫され、年金ダウン、消費税10%も決定した。物価も上がる。「このままでは生活できない」と誰もが思っている。なのに、会社は賃上げどころか、団交にも応じない。これこそ「労組への支配・介入」そのものである。労働委員会闘争に勝利し、職場環境の改善をかちとろう!

※労働者は国籍・民族をこえて団結しよう
★元号発表の4月1日、国は同時に発令した。①獄中44年無実の政治犯=星野文昭さんの仮釈放不許可。②過労死を認める「働き方改革法」③改悪入管法の施行だ。すべて命令で労働者を鎮圧する「令和」の正体が見えた。30数年に及ぶ国鉄(JR)や辺野古・福島の闘いが脈々と息づいている事に対する大反動である。
★入管法の実態とは…    2012~2017年の6年間に技能実習生171人が死亡(法務省調べ)。国や資本家の奴隷扱いによるものだ。職場の団結で打ち破ろう。4.27入管法・外登法・民族差別を撃つ関西集会へ。

※国民健康保険料が値上げした。松井前知事が「二重行政解消」の名で料金を統一したからだ。市町村の減免をなくし平均8%も! 大阪市の介護保険料7927円は全国一高い。西成労働者の強制排除には血も涙もない。労働者を切り捨て、万博・カジノで財界がもうけるためだ。
 豊中庄内や生野鶴橋で、学校統廃合(=地域・教育破壊)反対闘争が始まった。松井・吉村の維新コンビを倒そう。


メーデーに行こう! 5月1日は労働者の日 天皇即位でメーデーをつぶさせない!

kage

2019/04/30 (Tue)

●天皇即位でメーデーをつぶさせない!命を奪う「働き方改革」をゆるさない!
 安倍政権は、現天皇の退位日を4月30日とし、翌日の5月1日に新天皇の即位を行おうとしています。しかし、5月1日は労働者の日=メーデーです!5月1日は、1886年にアメリカ・シカゴで労働組合が「8時間は労働を、8時間は睡眠を、残りの8時間は労働者の自由に」というスローガンを掲げ、8時間労働制を要求してストライキに立ち上がって以降、130年以上も続く全世界共通の労働者の闘いの日です。労働者が血と汗を流し、生命をかけて8時間労働制を勝ちとった、労働者にとって最大の記念日です。その日に、新天皇即位をあて、改憲のために、メーデーをつぶすというのです。こんな極めて政治的な労働運動つぶしを絶対に許すことはできません。闘う、労働組合・労働者の誇りにかけて、5・1メーデーへの結集を訴えます。
戦争のための組合つぶしを許さない!
 改憲と戦争に向かう安倍政権は、「反対の声を上げさせない」ことにやっきです。新聞記者には政権にとって都合の悪い質問を封じ、教育現場では、沖縄や広島の授業を妨害し、なによりも労働組合を攻撃しています。  港合同・動労千葉と、闘う労働組合をよみがえらせるために三労組共闘をなす、関西地区生コン支部への大弾圧はその最たるものです。憲法で保証されているストライキを「威力業務妨害」とし、武委員長をはじめ、のべ60名以上の仲間が逮捕されています。改憲・戦争のための労働組合つぶしそのものです。

●5・1を闘う労働組合復権の日に!
 1940年、「大日本産業報国会」によって、労働組合が全部解散させられ、労働者の戦争動員が始まりました。首相官邸の指示で始まった、JRにおける「労働組合のない会社づくり」の本質もここにあります。 新天皇即位による労働運動つぶしを、首都・東京、銀座におけるメーデーデモで迎え撃とう! 闘う労働組合復権の日としよう! 韓国やアメリカ・フランスをはじめ、全世界で立ち上がる労働者との国際連帯をかけて、5・1メーデーを闘おう!
5月1日 13時開始 銀座ブロッサム中央会館ホール (東京都中央区銀座2―15―6) 集会後デモ  【主催】 「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会